コスパの良いアジアンタイヤを試す!ナンカン NS-2【フェアレディZ33】

フェアレディZ33のタイヤ交換時期になったのでタイヤ交換をしました。

今回は価格の安い、いわゆるアジアンタイヤと呼ばれているタイヤに交換したので

その時にかかったタイヤ交換費用やタイヤのインプレッションを行います。

タイヤはautowayで購入しました。

タイヤ選びとタイヤ購入にかかった費用について

まず、今回取り付けたタイヤについて紹介します。

今回取り付けたのは ナンカンのNS-2 というタイヤです。

タイヤは通販サイトオートウェイで購入しました。

 

タイヤ通販サイト オートウェイ

 

NS-2はナンカンのタイヤラインアップの中ではスポーツタイヤに位置付けられているタイヤです。

ナンカンは台湾で最も長い歴史があるタイヤメーカーで、信頼できると思い選びました。

それまで使っていたダンロップDZ102との価格差について

今回購入したタイヤは、

フロントが225/45R18、リアが245/45R18のサイズです。

これは、Z33の純正ホイールで18インチを装着しているモデルの標準タイヤサイズになります。

ただし前期型の一部グレードにおいては17インチホイールが装着されている車両もありますし、

ホイール交換をしてインチアップしている車両などもタイヤサイズが変わってくるため、

タイヤ購入の際は自分の車についているタイヤサイズを確認の上購入してください。

 

タイヤ交換前まで使用していたタイヤはダンロップのDZ102というタイヤです。

これはダンロップのスポーツタイヤに位置付けられているタイヤで、

スポーツ性能だけではなくある程度の静粛性も兼ね備えたモデルです。

このタイヤは、Zの購入時に近くのタイヤ屋さんで交換してもらったものなのですが、

その時にかかったタイヤ交換費用は4本で約12万円でした。

 

そして今回購入したナンカンのタイヤの値段は以下の通りです。

送料とタイヤ取り付け工賃込みで42,420円でした。

これは、以前タイヤ交換してもらった時の約1/3の値段です。

かなり安くタイヤ交換できるんだな、という印象を受けました。

ホイール交換完了

ホイール交換が完了しました!

純正ホイールは重量が重いのがネックですが、

ホイールのスポーク部分がリムまで伸びていて、ホイールが大きく見えるデザインでかっこいいですね!

ナンカンNS-2 実走インプレッション

乗り心地とロードノイズについて

タイヤ交換が終了したので夜にドライブにでかけました。

まずはタイヤの皮むきをするため、ゆっくり走っていきます。

まず感じたのは、それまで付けていたタイヤが3年経過してゴム質が若干硬化していたものだったため、

新品タイヤに交換したことで乗り心地がやわらかくなった と感じました。

新しいゴムのやわらかさを感じます。

特に道路や橋のつなぎ目などで違いを顕著に感じることができました。

 

ロードノイズに関してですが、これはさほど静かなタイヤということはなさそうです。

うるさいという訳ではありませんが、タイヤを交換して静かになったという印象はありませんでした。

それまで装着していたダンロップのDZ102は静粛性も考慮されたタイヤだったため、

今回装着したナンカンNS-2よりもそれまで付けていたダンロップDZ102の方が静粛性が高かったのかもしれません。

新品同士で比較すると、ナンカンNS-2よりもダンロップDZ102の方が静かなタイヤだったように思います。

ロングドライブを楽しまれる方で、静粛性を重視される方は同じナンカンというメーカーでも、

その他のメーカーでも静粛性を考慮したタイヤがありますのでそちらの方がおすすめです。

逆に、静粛性をあまり重視されない方や、スポーツ走行の練習用などには良さそうです。

雨天時のウェットグリップについて

後日、雨が降っていたのでタイヤテストに出かけました。

今日は濡れた路面でのグリップをテストすることにします。

 

結論から言うと、問題はありませんでした。

街乗りはもちろん峠道も走りましたが、

唐突に滑ることもなく、また滑りそうで怖い思いをすることもなく、至って普通に走ることができました。

Z33はタイヤも結構太いこともあり、よっぽど粗悪なタイヤでなければ特に低速時は問題が起きにくいのではないかと思います。

逆に問題になりそうだと思ったのは、高速時にタイヤへ高い荷重がかかった時の挙動です。

こういった場面ではゴム表面の質だけではなくタイヤ全体の構造や強度も重要になるため、

タイヤの良し悪しが出やすいでしょうね。

 

タイヤパターンはいかにもスポーツタイヤという感じです。

コンフォートタイヤ、エコタイヤとハイグリップタイヤの中間ですね。

見た感じ、雨の日の排水性は高そう(^-^)

あくまで、見た感じの印象ですけど… …笑

まとめ

今回初めて台湾のナンカンタイヤを使用してみましたが、

今の所好印象です。

非常にコストパフォーマンスに優れたタイヤだと思います。

タイヤへの考え方やこだわりは人それぞれですので、自分が良いと思うタイヤを装着するのが一番ですが、

人によってはこういった低価格で交換できるタイヤも視野に入れてもいいのかな?と思いました。

今後は峠道だけでなくサーキットなどでも性能を試し、よりタイヤの理解を深めていきたいです(^^)

動画も作りました

 

こちらはNS-2を履いて雨のミニサーキットを走った時の動画

雨のミニサーキットでも以前履いていたダンロップDZ102と同等のグリップがあると感じました。

私のYouTubeチャンネルでは、他にもZ33に関する動画を上げています。

興味があればご覧ください😄

t-style

 

タイヤ通販サイト オートウェイ 








 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)