ゆかいなネットカフェ【青森〜秋田】

昨日は、青森にフェリーで上陸後、
雨の中50km程度走って青森県弘前(ひろさき)市まで辿り着いた。
もう少し走っても良かったのだが、
雷まで鳴ってきたのでこの日は弘前にあるネカフェに泊まることにした。

 

弘前のスーパーフリークスというネカフェに入る。
初めて利用するネカフェだった。
ネカフェは、色んな会社が運営しているようだ。
入店すると、目の前に立て看板があったので説明書きを読むことにした。
なになに・・・?

 

・新規ご入会のお客様
・カード紛失のお客様

 

は、カウンターまでお越しください

と書いてあった。
カウンターの方に目をやると、女性店員がいらっしゃいませー。
と言う。
カウンターの方に行こうとすると、
女性店員がこちらの方に来てくれた。

 

店員さん「会員証はお持ちですか?」

 

そのイントネーションは、決して平坦ではなく
ジェットコースターのように上がり下がりするもので、
かわいらしく感じるのだった。
会員証を持っていない事を告げると、カウンターで手続きをすることになった。
免許証を出すと、

 

店員さん「お名前の読み方教えてもらってもいいですか?」
タカアキ「タカアキと言います」
店員さん「タカアキ様」
タカアキ「そうです」
こうして会員証を作ることができた。
店員さん「それではあちらのマグネットボードで席をお選びください」
タカアキ「?」
店員さん「あ、あちらにですね、席の表みたいなのがありますのでっ!」

店員さんがまたカウンターから出て来て、案内してくれた。
店員さん「席のタイプはですね、マットと、いすがありまして・・・」

 

いす。のイントネーションもすごい豊かな起伏があって、
本当にかわいらしい。
店員さんは小柄で、なんかランニングシューズみたいなのを履いていた。
それはこの店の専用靴なのか、私物なのか、少し気になった。
そして話す距離が近い。
友達みたいな距離だ。
そして、マグネットボードの座席表というのがこちらだ。

 

大抵ネカフェで席を選ぶ時というのは、
受付にある液晶画面に席が表示されたものがあり、
すでに埋まっている席は×印がついていたりするので、
空いていて好みの席番号を店員さんに伝える、というシステムになっている。
席を選ぶ時間は客も店員さんもお互い無言だ。
もしくは、座席のタイプと喫煙の有無を告げると店員さんが席を選んでくれる。
今まで利用したところはそのどちらかだった。

 

しかしここでは、マグネットパネルに席番号が書かれたマグネットが貼り付けられていて、
好みの席のマグネットを選ぶようだ。

 

(なんて・・・、アナログなんだっ!!!)

 

タカアキ「このマグネットがあるところが・・・空いているということですか?」
店員さん「そうです」
タカアキ「じゃあ、ここにしよう」

 

マグネットを取ったら、使用中の文字が現れた。
なるほどね。
でも、店員さんはこのマグネットを戻さなきゃいけないんだよね?
大変そうだな。
パソコンで管理すればいいのに。
それが本心だったが、
なんか幼稚園の遊戯みたいでかわいいなぁ、とも思う。
実際、パネルが大きいし見やすいのは良かったけどね( ・∇・)
パネルをじーっと見ていると、女性の客が入店した。
女性は入るなりパネルの前に立ち、どの席にしようか悩んでいるようだった。
(マグネットを取って・・・受付に持って行くのかな)
な?カワイイだろ?

 

その後も店員さんは友達の距離で利用法をこんこんと説明してくれて、
ブースにいくことになった。
ブースはいつもと同じ感じ。
パソコンでもしようか、と思って
キーボードの引き出しを手前にスライドする。
すると、

「よりかかると壊れます」

 

のテプラが貼ってあった。
思わず笑ってしまった。
破損の原因となりますので寄りかからないで下さい
とかじゃないんだな。
「よりかかると壊れます」
簡潔で、人を傷つけることもなく、伝えたいことがちゃんと
伝わる良い文言だ。
これを見て僕は、
(あぁ、誰かが寄りかかって壊したんじゃろうなぁ・・・?)
と思ったのだった。
さて、飲み物を取りに行こう。
ネカフェの飲み物は、ファミレスやカラオケにあるドリンクバーのような感じで
好きな飲み物を選ぶことができる。

 

ここはドリンクマシーンが多くて、たくさんの種類を選ぶことができた。
中でも珍しかった、
かりん+ゆず+コエンザイムQ10のミックスティー?を飲むことにした。
これが・・・

 

激マズだった・・・(-.-;)

 

かりんの香りがして、そのあとはちみつのような甘さがフワッと包み込み、
後味は茎わかめの味がした・・・。
何度飲んでも、羽を付けた天使が青い海の見える空へと羽ばたいた後に、
漁師たちが集う海へと急降下していくような味がした。
ほんとうにまずかった。
はぁ。今度は、漫画を取りに行こう。

 

お勧め本紹介コーナーの近くの席に、こんなやつがいた。
じゃ、邪魔だっ!笑
なんやねんこいつは。
どうせ邪魔にならない所なんでしょう?
と思うかもしれませんが、
がっつり邪魔でした笑
僕はホリエモンの本を、
こいつの足を肘置きがわりにしてしばらく読んでいました。
でも、こういうのいるといいよね。
思わず笑ってしまうもん。
でもなぁ、なんで置いているのか?
それが気になる。
・・・やっぱ、カワイイからかな?笑

 

 

その後、ソフトクリームの機械があったので
ソフトクリームをまきまきしていくことにしよう。
ソフトクリームのカップを手に持って、
もう片方の手でレバーを引く。
それに合わせてカップを持っている手を器用に動かして、
きれいな渦巻き状の形をつくるのだ。
何故か、いつもきれいにならないんだけどね・・・。
そうしてまきまきしていると、僕の次にソフトクリームをまこうとしている男が
僕のことを訝しげに見ているような、気がした。
??
なんだろう。
そんなに早くソフトクリームが食べたいのか?
僕はソフトクリームをまき終えた後、何気なくその男の様子を見ていたら、
男の様子がおかしい。
ソフトクリームを受けるカップを持つ手を、全く動かしていないではないか。
あれではソフトクリームの渦巻き感が出せまいて。
・・・
・・
___。

 

え?

 

よく見ると、ソフトクリームの機械から出てくるそれが、
ちゃんと渦巻き状になるように出てくるではないか!!
つまり、カップを持つ手は動かさなくていいのだ!!
僕は生まれてこの方、ずっとカップを動かしていたのに・・・!
それでも一度も綺麗にソフトクリームを巻けたことはなかったっ・・・!!
それは、僕の腕前が下手なんだとっ・・・!!
思っていたのにっ・・・!!
・・・そうだったのか。
カップを持つ手は、動かさなくていいのか。
よし、やってみよう。
カップを持つ手を動かさなかったら、ソフトクリームが生まれて初めてきれいに巻けた( ;  ; )

今まで間違えたやり方でしてきたことを思うと、
恥ずかしくてしょうがなかった笑

 

そんなことがありながらも、
今日も漫画を読む。
今日は

 

・僕の初恋を君に捧ぐ
・恋は雨上がりのように

 

を読んだ。
僕の初恋を君に捧ぐという漫画は、映画にもなっていたので
読んでみた。
心臓病を患っている男の子が出てくる。
こういう恋愛ものには、病気で余命が短かったりする設定が少なくない。
共に時間を過ごせることが当たり前ではないとはっきり自覚すると、
その時間を大切にしたくなるものだ。
この漫画では、女の子が男の子にチューしている最中に
女の子がおならをかましてしまう
という、ショッキングな描写があった笑

 

恋は雨上がりのように
という漫画は、17歳の女子高生が45歳のバイト先の冴えない店長に恋をする
という物語だった。
そんなのないだろ〜?なんて言えないよね。
こんな恋愛もの?もあるのかぁ、と楽しく読んでいた。
読んでいた。
もう5時間も経ってしまった・・・。
また寝る時間を削ってしまった・・・。
寝る前にトイレに行こう。

 

さっき堂々と足を広げていたやつが、
少し控えめになっていた笑
なかなかカワイイとこあるじゃねぇか( ・∇・)

 

そして寝た。

会計の時、

 

「2,400円になりました」

 

と言われた。
なります、じゃなくてなりました。
なんだ?
東北の言葉は楽しいなぁ。
外に出ると、今日もご機嫌な雨が降っている!
サイコーだっ!
これくらい前向きじゃないと、下を向いてしまいそう。
今日も、走って行こう。

 

今日は秋田県まで入った。
だが、ずぶずぶの雨で今日も雨に濡れ濡れ走行する。
乾く暇がない。
途中見つけた屋根付きのバス停で少し休憩する。
サンダルの中には砂が入りまくっている。
カパッとサンダルを脱いで、
なんとなくサンダルのにおいを嗅いでみた。
___おぞましいにおいがした・・・(*´-`)

 

雨、そして雨。
秋田の大館(おおだて)市にある
バッティングセンターで久しぶりのバッティングを楽しんだりした。こんな雨の中走っているから、荷台に積んでいるギターも湿気てしまっている。

ここのバッティングセンターには、立体的なピッチャーがいた。
こういうタイプは初めて見たなー。
液晶画面にピッチャーの映像が出るタイプはあるけどね。
こんなマネキン人形みたいなのが投げるところはあまり無いと思う。
今日は雨でボールが滑りやすいからか、変化球はお休みだった。
その理由として、

 

「今日はピッチャーの肘の調子が悪いため、カーブ休みます」

 

という張り紙が貼ってあった笑
お茶目だねぇ。

 

今は大館市にいるが、
これからもう少し走ったところにある道の駅に行ってみようと思う。
大館にはネカフェがないみたいなので、
今日はテントを立てて野宿するつもりだ。
昨日も結局漫画ばかり読んでいて、若干寝不足なので
今日はお酒でも飲んでゆっくり眠りにつきたい。
ちょうど今は雨が上がっているから、寝床に着くまで雨が降らないでほしいなぁ。

 

明日は、秋田市へ向かう!

 

◆Next







 



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)