ワクチンを受けてきました【日常】

10月に入って秋の季節がやってきました。

と言っても、僕の住む岡山県では日中だと30℃近くまで気温が上がるため、

今はまだ夏の延長戦をやっているのかな?という気分でいます。

 

今日はタイトルの通りなのですが、2回のワクチン接種を終えたのでワクチン接種に至るまでのことや、

その他細々としたエピソードを書いていこうと思います。

 

まず、四国・九州旅から帰ってきたのは8月の頭のことでしたが、

その時は僕の地域や僕の年齢では、ワクチン接種の予約自体できない状態でした。

予約の受付が可能になったのは9/1の0時以降とのことだったので、

9/1の朝方にワクチン接種予約が可能な病院を探してみました。

が、その時点で予約がかなり埋まってしまっていて、

1回目の接種は最短でも9/15日となっていました。

それも、僕が予約できたのは家から結構離れた病院だったので、

ワクチン接種を希望している人が多いのかなと感じました。

 

体のコンディションの問題でワクチンを受けられない人や、その他の理由で接種を希望しない方もいるかと思いますが、

僕が想像していたよりも、ワクチンを早く接種したいと思っている人が多かった印象を受けました。

 

そして1回目の接種日に病院へと向かいました。

僕は注射の類はとても苦手ですが、あちこち旅に出かけて動画を作らなくてはいけないので気合を入れて臨みました。

 

僕が注射が苦手という理由には、こんなエピソードがあるためです。

以前眼科でコンタクトレンズを作る時に、眼科の方にコンタクトレンズを目に装着してもらうことがあったのですが、

なんとその時、目に異物を入れるのが怖くて 失神 してしまったのです。

・・・、ダサすぎます。

 

気を失った後に目が覚めると、4~5人の方に囲まれていてかなりビックリしたものです。

 

(・・・俺は異世界に転生したのか?)

 

と思う様なシチェーションでした。

僕はもしかしたら元いた世界ではなくて異世界を生きている可能性もありますね。

・・・

・・

 

気を失うという経験はそれが初めてだったのですが、そんな事で気を失ってしまう自分にとてもビックリしたんですよね。

僕は未知の恐怖に対する耐性がかなり低いのだと知った瞬間でした。

とにかく、それ以来僕は注射などの機会があると動物病院に連れていかれる動物のように怖がるようになってしまったのです。

 

健康診断で採血されたりする機会もありますが、採血もチョー苦手です。

情けない話ですが、ちょっと血を抜かれただけなのに気が遠くなるし、失神しそうになるんですよね。

僕の血の気が不足しているわけではなくて、想像力が豊かすぎて?たくさん血を抜かれている気がして気が遠くなっている気がします。

あとは、ジェットコースターの類も苦手です。

乗る前から、乗った後の様なグロッキーなテンションになってしまいます。

 

未来に対する想像力が豊かなのか、今を生きていないのか、定かではありませんが、

とにかくそういったものが苦手なんですよね。

しかし想像力・妄想力は豊かな気がしていて、良い面もあると思っています。

ここでは詳しく書けませんが、僕は朝から元気です。

 

はい、話が脱線してしまいましたが、僕なりに気合を入れてワクチン接種に臨みました。

1回目のワクチン接種に行くため、久しぶりにZを動かしました。

旅から帰ってきて1ヶ月ぶりくらいにZに乗りました。

やっぱりZはイイナァ・・・、なんて思いながら病院までの短いドライブです。

しかし病院に近づくにつれて注射嫌だナァ・・・という気分も高まってくるものです。

病院に着くと、交通整理の方や受付の方もとても丁寧で、少し安心した気持ちでワクチンを受けることができました。

 

注射器の針は痛くならない様に設計されているらしく、注射時の痛みはちょっとゴツい蟻に噛まれたかな?くらいのものでした。

ワクチン接種後は15分ほど様子を見るために待機する指示があったので、

気を紛らわすためにスマホをいじりまくっていました。

気を紛らすためにスマホをいじろうと思っている時点で少し弱いですけどね。

 

そうして1回目の接種は何事もなく?終了し、接種から3時間ほど経ったあとにちょっと腕が痛いなぁとか、

ワクチンを打った腕の方を下にして寝られないなぁとか、その程度のものでよく聞く副反応は現れませんでした。

 

そして1回目の接種から3週間後、つい先日のことですが、2回目のワクチン接種に行ってきました。

2回目ですので、病院までの道のりは完全にドライブといっても差し支えない気分でした。

1度行ったことなので、ほぼほぼ恐怖心もなかったです。

 

1度乗ったジェットコースターなら、もうそんなに怖くはないよね?という感じです。

しかし、ワクチン接種の2回目は副反応が出やすいという情報があったので、

その点は少し怖い思いもありました。

 

無事に2回目のワクチン接種を終えて、次の旅の行き先について考えながらZでドライブして帰りました。

帰ってからしばらくはなんともなかったのですが、

やはり1回目の接種の時と同じく、接種から3時間ほど経つと腕が痛くなってきました。

そしてその日の夜になると、これから熱が出てきそうだな・・・、という感じの予感がしてきました。

悪寒はしませんでしたが、予感はありました。

 

その予感は見事に当たり、次の日は多分38℃台まで熱が上がりました。

僕は熱が出ても体温計で測る習慣がないので実際の数値は分からないのですが、

ちょっとしんどかったので多分38℃台くらいではないかと思います。

 

その後熱は1日で収まり、今は普段と変わらずに過ごせています。

ということで、ワクチン接種日記でした。

来年はお花見や花火、ライブがある日常になっているといいなぁ。

そんなことを思いつつ、今は次の旅の計画をしているところです。

 

次の行き先は関西方面を予定しています。

 








 



8 件のコメント

  • 久しぶりにコメントさせて頂きます。
    ワクチン接種できたとの事、良かったですね。
    点滴・採血なんでもござれな私も、ワクチン接種は子供の頃以来の筋肉注射だったので、1回目を打つ時は凄くビクビクしてました。特に痛かった記憶があったので。
    でも、全然痛くなくて拍子抜けしました。
    ジェットコースターについて、以前こんな事がありました。
    ディズニーランドのジェットコースター系の乗り物は全て乗れませんでした。
    ある時、友達に引き摺られてビックサンダーマウンテンに並んでいた時、怯えている私に友人が一言。
    『ここのジェットコースター、最高速40キロだよ』
    具体的な数字を聞いた途端、恐怖心がふっ飛んでました。そうですよね、車ではその培の速度出しますし。
    今では全部乗れるようになりました。
    ワクチンにしろ、ジェットコースターにしろ、恐怖心は経験したり知っている事に置き換えることで克服出来るようです。
    コンタクトレンズについても似たような経験されてて、凄く近親感が湧きました。
    失神はしませんでしたが、眼科で初めて装着したハードのコンタクトレンズが奥の方に行っちゃって、取って貰うときに数人の看護師さんに手足を拘束されたのは軽いトラウマです(笑)。
    関西ドライブ、始まりましたね。
    楽しい旅になりますように応援しています。

    • monakaさんこんにちは!
      なんとかワクチン接種できました。

      ジェットコースターの件は参考になります。
      40キロならなんとかいけそうな気が湧いてきますね。ふしぎなものです。
      コンタクトレンズが奥の方にいくと焦りますね!
      レンズ、どこ行った?というのは本当に焦ります。

      関西ドライブ楽しいものにしていきます!

  • ワクチン接種お疲れ様でした。僕も注射が大嫌いなので、お気持ちはよくわかります(^^;)
    でもこれで完全ではないにしても少し安心して旅に出れそうですね!

  • ワクチン接種お疲れさまです。
    一般発表では副反応の発症率は60~70%などと言われていますが周囲の話を聞く限り95%くらいなんじゃないかと思っています。
    あと、多分ですが健康診断でやるのは献血ではなく採血です(笑)
    早くマスクもなしでいろいろなところに旅に行けると良いですね。
    次回の動画も期待しています。応援しています。

    • ジロウさんこんにちは!
      結構副反応が出る人が多いのですね~。
      体の中で何が起こっているのか不思議な気分になります。

      献血ではなく採血でしたね!直しておきます。
      次の動画もおたのしみに!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)