Side car【北海道】

昨日はライダーハウスクリオネに宿泊しました。
その日のブログを書きながら、席が一緒になった
ヒッチハイクで旅をされている方とお話をしていました。
その方は水泳のインストラクターをされている方で、旅をしながらブログかなんかを更新していました。
現代的な旅人です。
ヒッチハイクの旅には、相方と2人で来たそうです。
こうして話していると、一人、また一人とお話してくれる方が席に来られるので、
中々ブログを書けず・・・笑
ブログを書きながらお話しできるほど器用ではないので、
お話ししている間はブログ執筆作業はおやすみです。

ヒッチハイクで旅をされている森田さん。
私も横でブログを書いていました。
でも、人といると話がはずんでブログが書けないので、
やっぱりマックでブログ書くのが一番書きやすいかな( ・∇・)

すっかり日が落ちて、月の明かりが綺麗な夜でした。
コンビニでビールを4本ほど買います。
さきほどヒッチハイクで旅されていた方にも差し入れようと、
普段より多めに買ったのです。
しかし、宿に戻って見るとすでに森田さんはおやすみのようでした。
仕方ないので一人、ビールを飲みます。
隣の憩いの広場では10人くらいが、楽しく話しているのが聞こえるのですが、
私はそこに入っていける勇気がなかったので、
一人さみしく端の方でビールと、コンビニのパスタを食べていました。
いいんだ!
俺はずっとこうやって旅をしてきたんでぃ!
そんな野良猫根性でいました。
すると、一人の男が近づいて来ました。
今日少し話ししていた、アニメのステッカーを貼ったCBR250RRに乗っているお兄さんでした。
「向こうに来なよー」
と優しく声をかけてくれたのでした。
優しいお兄さんです( ;  ; )
お兄さんの名前は、
おちんぽミルクっていうらしいです。
下品だから、おち・・・
ミルク兄さんにしておこう!

 

 

ミルク兄さんは僕と同い年で、
ミルク兄さんの連れは少し年下で、元バスの運転手だったそう。
年齢を重ねてくると(おじさんになると?(-.-;)y-~~~)
いろんな経歴を持っていたりして、
たくさんの話で盛り上がりますね。
ミルク兄さんはバイクにアニメのステッカーを貼りまくっていて、
私はそういう人と話したことがなかったのですが、
ミルク兄さんいわく、
好きなことを表現しているだけだ!
という感じらしいです。
あれはただ、自己表現しているだけなんですね。
パンクやメタル系音楽も好きみたいで、
他人のことをそれほど、気にしないスタイルなのかな?と思いました。
元バス運転手のお兄さんは、
乗っている車もバイクも人と被りにくいマイナー?を好む方で、
変わり者という感じでした。
自分もちょっと変わり者なのかなぁ?
って思っていたんですが、皆さんと比べると普通だなぁ(°▽°)
って思いました。

 

 

その日の夜は、ベッドで快適に過ごすことができました。
隣の人との間隔も充分にあり、
ベッドとベッドの間には衝立もあるので、
雑魚寝があまり気になりません。
これなら、雑魚寝が苦手な私でも苦なく眠ることができたのでした。
これでお風呂付の一泊500円なんだから、安い。
ネカフェだと12時間くらい滞在すると2,300円くらいするもんな。

 

 

 

こうしてライダーハウスに泊まると、
たくさんの人と出会うことができて、色んな刺激をもらうことができます。
みんな自分にないものを持っているので、
それを聞くことで自分の中に、
今まで持っていなかった考え方を取り入れることができます。
それは子供が足し算や引き算を覚えるように、
知らなかったものを知ったり、
新たな価値観を受け入れる事は一種の勉強にも似ていて、
とてもいいものだと思いました。

 

 

 

しかし、一人孤独な旅をすると、
自分も知らなかった自分に気付くことができます。
自分をより深く知ることは、
だめな自分を受け入れることにもつながり、
良い自分を知っていれば自分を信頼して生きていく事ができます。
よって、人との出会いが少ない旅をしていても、
それが悪い訳でもないだろう、という考えに至りました。
人との出会いがあるのもないのも、どちらにしてもいい旅だと思います。
ただ、受けられる刺激の多さでいうと、
たくさんの人と出会った方がいいかな(^_^)

 

 

翌日の朝。
今日は北海道においても33℃を超える暑さで、
この日も連泊してゆっくり過ごすことにしました。
これがお世話になっているライダーハウスクリオネです。

 

洗濯機や乾燥機もあって、どちらも100円で利用する事ができます。
冷蔵庫もありますよ(^_^)
2Fが相部屋のライダーハウスになっていて、
半個室の部屋と、いびきをかく人用のベッドスペースとに別れています。
外にはキャンプ場や個室、レディース用ライダーハウスもあります!
ただ、ここクリオネは50歳以上の方に厳しいようで、
ライダーハウス・クリオネは年寄りの溜まり場にしません!
という看板もあります。
きっと以前に何かあったのでしょうね(´ε` )
面白かったのは、
24時間話してOK.のだべり場というところに、

 

 

 

「中高年の方へ 若い方の飲み会に手ぶらや食べ残しを持ってしゃしゃり出て来るのは止めてください。大迷惑です!!」

 

 

 

という張り紙があったことかな。
やっぱり昔何かあったんでしょうね笑
日本の感覚で言うとこういうハッキリした物言いはあまりないですが、
世界的に見れば、これでいいんじゃないかな?
迷惑する人が少しでも減るのなら、それの方が利用する側としてはいいよね。

 

今日は、サイドカーにお乗りのロシアさん(仮名)に、
サイドカーに乗せてもらえることになりました!
でも、写真に写っているのは花さんという方で、バイクのオーナーではないです笑
花さんはリトルカブっていうバイクに乗っていました。

このサイドカーはuralというロシアのバイクのようです。
後ろの2輪が駆動する、2WDで、
ブロックタイヤという悪路に強いタイヤを履いているため、
オフロードでもガンガン走れるそうです。
バイク部分に二人、サイドカー部分に一人乗れるので三人乗りなんです!
私はギターを抱えてサイドカーに乗り込みました。

 

海を横目に見ながらの快走です!
私は乗っているだけだけど!
思いの外サイドカーの乗り心地は良くって、
気持ちよかったー。
斜里の風は熱かったけど、
網走に入ると途端に風が冷たくなって、
三人とも、風の違いを肌で感じるのでした。
バイクは自転車よりも、
空気が変わったことを実感しやすい。
それは、スピードが速いからかな。
なんにしても、風を感じる乗り物は気持ちいいね。

 

ぎゅうぎゅうな絵図のサイドカー乗車風景。
乗せてもらえてありがたかった!
とっても良い思い出になりました。
サイドカーに乗りながらギターを弾いても、風の音でかき消されてしまって
何も聞こえなかったけど、
それでも海沿いの道を走っているとまるで映画のようで、
すっごく気持ちがよかった。

 

宿に戻って来た。
昨日から揺られたかったハンモックに揺られてみたりしました。
ハンモックはゆらゆら・・・、
時々風に揺らされて、ついつい眠くなってしまう。
時を自然に委ねている感覚が心地よい。

 

そのあとは、ライダーハウスのスタッフの方と斜里町のプールに行きました。
これは、私が受付の方に

 

 

「この辺にプールってありますか?」

 

 

と聞いたのがきっかけでした。
その方も泳ぐのが好きな方で、ちょうど今日プールに行こうとしていたみたいなのです。
そのため、一緒にプールまで自転車で行きます。
この度始まって以来、初めての違う自転車の人と一緒に走りましたが、
それがライダーハウスのスタッフの人とは・・・!
まぁある意味チャリダーか・・・!
その方は、9年くらい海外にワーキングホリデーに行ったり、
まぁあちこちこちこち
転々と旅をするように生きてきた人のようです。
こんな人と出会うと、
ますます自分がちいさく感じるのでした(^-^)
でも、自転車で日本一周もすごいけどね!
とも、言われました(`・∀・´)

 

 

その後プールを楽しみます。
なんだかビニールハウスのようなプールで、特徴的でした。
1,000mちょっと?くらい泳ぎました。
1時間も泳いでいないくらいで、軽めのものです。

 

 

プールから上がったら宿に戻って、
今日は多くの人とご飯を食べました(^_^)
この日は鹿肉と、ジンギスカンでビールを飲んで、
とても楽しい夜になりました。

 

そして翌日の朝。
かっこいいバイクが来ていたので写真を撮らせてもらいました。
今日もここに泊まって、明日出発しようと思います!
とても、居心地の良い場所で気に入りましたが、
そろそろ出発して、新たな場所に移動したいなっていう、
移動欲?
も出て来ましたね。
住み慣れたこの部屋を出ていく日が来た___
という感じです。
でも一ヶ月以上いる人も、二人いるそうなので、
三日いただけの私なんて、まだまだかわいいものです笑

 

 

ライダーハウスを楽しんでいます( ・∇・)

 

◆Next







 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)