良くも悪くも”二人乗り”

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Z33は、2シーターだ。

ふたりしか乗れない。
違う言い方をすると、ドライバーとあと一人しか乗れない。
 
私は、みんなでワイワイするのも好きだ。
例えば、鈴木の5人乗りのコンパクトカー・スイフトで
5人乗車で荷物はルーフキャリアにくくりつけて海にBBQに行ったり、
5人乗車で岡山から愛媛までドライブしたりした・・・。その他にも色々・・・。
全幅に限りのある5ナンバーサイズの後部座席に3人乗るというのは、けっこうきつい。
狭いので、仲良くないと無理??
5人以上の時は、レンタカーを借りて
ステップワゴンや、ノア、ストリーム、10人まで乗れるハイエースを借りた事もあった。
そんな訳で、Z33を買ったけれども、
やっぱりふたりしか乗れないっていうのは、歓迎できる点ではなかった。
かと言って、私のZに対する購買意欲を削ぐ要素にはなっていなかった。
 
でもこの頃思うことがある。
Z33を含め、2シーターの車というのは、良くも悪くもふたり乗りなのだ。
ふたりしか乗れないということは、悪いことばかりでもないと思う。
隣に乗っている人との時間が、濃密なのだ。
私の場合は、いつでも思い出せる。
(あの人を乗せた時はあんな時間を過ごしたな)
という風に。
関係性が一対一だ。
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


近年では、ツイッターやフェイスブック、LINEなどなど・・・、
”つながれる”ツールがたくさんある。
でもそれらのツールのやり取りは、時に拡散的で間接的で、
誰とキャッチボールしているのかわからない時があると、私は思う。
しかしふたり乗りの車では、キャッチボールの相手が明確だ。
そこが、いいなぁって私は思う。
ふたりしか乗れないということは、悪いことばかりでもない。
 













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)