フェアレディZ33マフラー交換! 柿本改 HYPER FULLMEGA N1+ Rev.

フェアレディZ33のマフラーをサクラムから一本出しの柿本改に変更

フェアレディZ33のマフラーを交換しました。

Zを購入した時は純正マフラーでしたが、その後サクラムマフラーに交換して3年ほど乗っていました。

今回は気分転換も兼ねて一本出しのマフラーを取り付けてみたいと思い、

柿本改のHYPER FULLMEGA N1+ Rev.というマフラーに交換してみました。

 

交換前(サクラム)

交換後(柿本改)

見た目はこのように変化しました。

個人的には、Zには二本出しの方が似合うかな?と思っています。

純正マフラーが二本出しなので二本出しのイメージが強いですね。

しかし、イメージチェンジにはなったかなというところです。

見た目に関しては好みによるところが大きいので、自分が気に入っていればOKでしょう(^-^)

一本出しマフラーは軽量

一本出しマフラーは二本出しマフラーと比べると軽量です。

純正マフラーはリアマフラーと中間パイプで21kgとなかなかの重量がありますが、

この柿本改のマフラーは9.9kgと軽量です。交換する事で純正比で11kg程度の軽量化になります。

排気効率の変化と軽量化効果があるので、車が軽く感じられます。

ちなみにサクラムマフラーの重量は約15kg

 

性能面について

これまで付けていたサクラムと比べると、柿本改の方が中低速のトルクがあります。

1,500rpm~3,000rpm付近のトルクがぐっと増しています。

これは、柿本のマフラーが私のZのエキマニ、Yパイプなどの他の排気系との相性がいいのかもしれないので

一概には言えませんが、とりあえずサクラムよりも中低速のトルクがあり、

街中や登り坂ではサクラムよりも走りやすくなりました。

 

柿本の商品HPでもストリートで重要な中低速トルクを確保したマフラーという説明があるので、

柿本が目指したものをしっかり体感できたということですね。

▼柿本商品紹介HP【HYPER FULLMEGA N1+ Rev.】

 

なお、高回転域に関してはそれほど違いを感じていません。

音について

音に関しては、サクラムの方が好みでした。

サクラムのマフラーはアクセルの踏み加減によって音が変化します。

ゆっくり踏めばエンジンの回転が上がるにつれてじわじわと高音に変化していき、

グッと急激にアクセルを踏むと弾けるような炸裂音がします。

それでいてアイドリング〜低速域は静かという日常使いもしやすいマフラーでした。

 

一方柿本のマフラーですが、こちらはアイドリング域でサクラムではあまり感じることがなかった

低音が響きます。

もちろん、車検対応マフラーということで控えめな低音ではありますが、これはサクラムにはない音でした。

しかしエンジンを回していってもサクラムのように音が変化するということはなく、澄んだ低音のまま綺麗に吹け上がるという感じです。

音量的には、アイドリング付近はサクラムと同じくらいですが、回した時の音量はサクラムよりも静かです。

見た目は極太一本出しでヤンチャなイメージですが、音量は静か目でジェントルなマフラーだと感じています。

 

音に関しては、動画でサクラムと柿本の比較をしていますので興味があればご覧ください

柿本改一本出しマフラーに交換してみた感想

3年間使っていたサクラムから柿本改の一本出しマフラーに交換してみての感想ですが、

だいぶ気分が変わりますね。

見た目も音も、パワーフィールも変わりました。

車を新しくしたような・・・、とまではいきませんが、

結構なフィーリングの変化を体感できたのは確かです。

人によるとは思いますが、こうしてマフラーであったり、外装・内装を仕様変更してみると

また新たな車の楽しみ方ができるような気がしました。

 

こうした試行錯誤のような、回り道を歩みながらより理想の車にしていきたい!

そう考えています。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)