Z33 NWBデザインワイパーに交換

Z33のワイパーを交換する

Z33のワイパーブレードをNWBのデザインワイパーに交換していきます。

NWBのデザインワイパーは、巷ではレクサスワイパーエアロワイパーとも呼ばれているそうです。

NWB(エヌダブルビー) デザインワイパー 500mm Uクリップ D50
  • エヌダブルビー(Nwb)
  • 価格   ¥ 1,909 ¥ 2,860 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
primeクリックしてチェック
NWB(エヌダブルビー) デザインワイパー 450mm Uクリップ D45
  • エヌダブルビー(Nwb)
  • 価格   ¥ 1,687 ¥ 2,420 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
primeクリックしてチェック

Z33のワイパーは運転席側が500mm、助手席側が450mm、リアが450mmです。

なお、助手席側を475mmにサイズアップして取り付けている方もいるようです。

それでは、交換作業に移ります。

純正ワイパーの取り外し

まずは作業前に、ワイパーとガラスの間に布などを敷いておきます。

これは、不意にワイパーの部品をガラスにぶつけた際、

ガラスに傷が付くのを防ぐ意味があります。

 

純正ワイパーブレードは、ワイパーブレード根元にある突起をつまみながらワイパーの根元に向かってスライドさせてやることで

取り外しができます。

 

ワイパーの先端はこのような形になっているので、これを見れば取り外し方が想像できるかと思います。

取り外し、取り付けには工具は不要なため、簡単な作業です。

しかし、ワイパーブレードを外した状態のワイパーは鉄の棒そのものですので、

これがもしガラスに勢いよく当たってしまった場合、間違いなくガラスに傷がついてしまいます。

それを防ぐためにも、ガラスとワイパーが接触する所に予め布を敷いておくことが

この作業において重要なポイントになります。

 

純正ワイパーとデザインワイパーの比較

これが純正ワイパーです。

穴あき加工がされていて、軽量にできています。

 

これは今回取り付けるNWBのデザインワイパーです。

スタイリッシュなワイパーブレードです。

純正ワイパーブレードより少し重くなりますが、見た目はかっこいいかな?と思います。

純正ワイパーブレードが錆びてきた、などで交換する際はいいかもしれません😁

 

デザインワイパーの取り付け

デザインワイパーを取り付けていきます。

デザインワイパーのカバーを起こし、ワイパー本体のU字部分にひっかけます。

きちんとはまったら、ワイパーの根元に向かってスライドさせ、はめこみます。

 

装着できたらワイパーブレードのカバーを戻して完了です。

ワイパーをガラスにぶつけないという点を注意すれば、非常に簡単に行える作業です。

これで交換完了!

錆びが出ていた純正ワイパーから取り替えて、気持ちがいいです😁

ワイパーブレードがくたびれてきたと感じている人は、検討してみてはいかがでしょうか。

でも、サーキット派の人だと純正ワイパーの方が軽量だから、純正ワイパーの方がいいかもしれません😁

 

NWB(エヌダブルビー) デザインワイパー 500mm Uクリップ D50
  • エヌダブルビー(Nwb)
  • 価格   ¥ 1,909 ¥ 2,860 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
primeクリックしてチェック
NWB(エヌダブルビー) デザインワイパー 450mm Uクリップ D45
  • エヌダブルビー(Nwb)
  • 価格   ¥ 1,687 ¥ 2,420 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
primeクリックしてチェック













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)