「パンツいらない?」 「いらん」【北海道】

昨日は興部の電車を改造した宿泊施設に泊まった。
宿泊者は僕を含めて4人で、人数に比べて広い車内は
快適に眠ることができたのだった。

 

翌朝。
一緒に泊まったらライダーの人と、
同じく自転車で日本一周している大分県から来た人と、
昨日出会ったおじさんと話をする。
おじさんはとても爽やか!
僕と同世代のチャリダーさんと、よく話をした。
本州を走っている時に、道の駅でおばちゃんに手厚くお世話になったららしいんだけど、
その後に

 

「じゃあ・・・」

 

 

って言って、その後お経を唱えるはめになったとか笑
それでその後、数珠をもらったんだって!
でもお兄さんは良い人だから、それをずっと持って旅をしていて、
正直困っているらしい。
だから僕はこういったんだ。

 

「くまに出会った時に、数珠を投げつけたらどうですか?」

 

 

と。
もしくは何か困難があった後に、
数珠に感謝してこっそり捨てるとか笑
まぁ、ありがた迷惑もあるよね!
僕はかなり素っ気ないから、そんなのすぐ捨てちゃうけどねー。

かっこいいチャリダーのおじさん。
黒くて筋肉隆々だ。

 

おじさんの自転車。
ビアンキの自転車で、スポルティーフというジャンルの自転車だそうだ。
速く走れる旅行車って感じかな。
爽やかな色の自転車がおじさんによく似合っていたよ。
今日も、キャンピングカーのおじさんに、

 

 

「自転車旅かぁ、こんなことできるの若いうちだけだよ!」

 

 

って言われたんだけど、
僕はこう言った。

 

 

「いやいや、そんなことないよ!あのおじさんも自転車だよ!」

 

 

と言っておいた。
できるかどうかは人それぞれさ。
おじさんは北に向かって旅立って行った。
大分から来たお兄さんは南へと向かって旅立って行った。
もしまた会うとしたら、函館あたりかな?
本当はもっと話したかったけど、それくらいがちょうどいいんだ。
話したりないくらいでいいんだ。
そうしたら次また会った時に話がはずむでしょう。
次会った時にも時間がないってことも、あるかもしれないけどね(`・∀・´)
そうしたら、そのまた次に話せばいいよ!

 

今日は、ここの興部道の駅で夏祭りがあるらしい。
昨日も祭りをしていたが、昨日は前前夜祭だったようで、
今日は前夜祭のようだ。
今日は屋台の他にライブ、花火もあがるということで、
もう一日この興部の町にお世話になることにした。
お昼ご飯を食べに、道の駅の目の前にあるカフェに行く。

ヒレカツ丼を食べた!
おいしかったよ♪( ´▽`)
なんか出汁がきいていたな。
カツ丼を食べた後は道の駅でおこっぺアイスとバターケーキを食べる。
おこっぺアイスはミルク味で、
濃厚ミルクキャンデーの味がした。
だけど後味はすっと消えるような感じで、
さっぱりした味わいだ。

 

道の駅のステンドグラスを撮ってみたりした。

 

足元に虹がかかる。
今日も天気がいいんだ。
それでもまだまだ時間があるから、
町へと出かけることにする。
興部の町にはプールはないみたいなんだけど、
図書館があるようなので図書館に行くことにした。

 

興部の町。
昼だと言うのに気温は18,3℃だ。
8月の頭だよ?
信じられないよね。
半袖短パンだと、ぎりぎりちょうどいい。
あともう少しで、寒い。
ここまで涼しいと、
あえて涼しいと表現すると、
冬は、厳しい寒さなんだろうね。
僕は北海道の夏のいい時期にお邪魔させてもらっている身だから、
北海道に迷惑をかけてはいけないね。
ゴミでもひとつ、拾おうか。

 

途中、コンビニに寄る。
レシートを10枚集めてカルピスと引き換えてもらった。
カルピスはいい!
青春の飲み物だ。

 

興部の図書館で漫画を読みます。
最初、ヤングアダルトコーナーというのを見つけたので
つい吸い寄せられて行くと、
その近辺に漫画本が置かれていたので
ずっと漫画を読んでいました。
こうして、他愛ない時間を過ごしていると、
以外にも旅をしているという実感が湧いてきます。
私は観光地に行くよりも、
こういうなんでもない時間を過ごしている方が、
あぁ、旅をしているなぁって思うんです。
故郷から離れた遠い街で、涼しい風に吹かれながら漫画を読んでいると、
ふとそんな事を思います。

 

ライブのリハが行われています。
プロだから、すっごく上手ですよ!!
私は昨日泊まった電車の宿泊施設内にいたのですが、
おじさんが入ってきて、
いきなり

 

「新品のパンツなんだけど、いる?」

 

 

と言われました。
僕は

 

 

「いらんわそんなん」

 

 

と言いました。
笑いながらね。
本心だからね笑
まぁその後おじさんと話をして、
でもやっぱりパンツやこう誰もいらんと思うよ?
という自分の主張は通しつつも・・・、
すると、おじさんがビール飲む?
と言って、
あぁ、飲むよ。
と言うと、おじさんがビールをご馳走してくれました。
ありがとう!
そのおじさんはけっこう面白くて、
山登りもするらしい。
歳は70をこえてて、
ミニバンで旅をしているとか。

 

おじさん「モンベルおじさんって知ってる?」
僕「え?なんですかそれ」
おじさん「山に行くとね・・・、上から下まで全身モンベルの人がいるんだよ」
僕「あぁ、それでモンベルおじさんね笑 僕もおなじようなもんだよ」
おじさん「それでねぇ、こないだ浜頓別のキャンプ場で若い女性ライダーがいたからもう一泊してかないって誘ったんだ」
僕「うんうん」
おじさん「でも、その子はハーレーに乗ったおじさんについてっちゃったんだ、よこやりされたよ」
僕「それはムカつきますね!笑」
おじさん「だろう!?ムカついたよ!」

 

そこからおじさんと打ち解けました笑
そのおじさんはミニバンで旅をしているというので、
その車の車内を見せてもらった。
でもそのおじさんは登山をするからなのか、
荷物が少なくてびっくり!
これは、結構玄人なんだなっー!
って感心した。
最初パンツいらない?って持ってきたのも、
不要な荷物を減らそうとしていたみたい。
まぁ、パンツはいらないんだけど、
ゴミになるよりはいいかな?って、
少し僕の考え方も変わったよ。パンツはいらないけど。
そうだな、自転車のチェーン掃除くらいになら使えるじゃん!
おじさんと話してほんの少し自分の視野が広がったよ。
ありがとう!おじさん!

 

今日は帽子を無料配布していたので麦わら帽子をもらった。
ニトリって企業の社長の奥さんが興部出身だからだとか?
そう、おじさんが言っていたよ。
真偽の程は知らないけど、そういうことにしておこう。
今日から麦わらのさすらいかっ?

 

さて、もっとブログを書きたいんだけど、
僕の目の前におじさんがいるんだ。
悪い意味じゃない。
僕もおじさんと話がしたいから、今日はこの辺でブログを切り上げよう。
今日は花火の写真を撮って、明日アップしますね。

 

祭りをたのしむ(`・∀・´)

 

◆Next







 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)