走って、泳いで【北海道】

昨日はアルトリ岬キャンプ場からスタートだ。
夜はあまり寝付けず、朝になってようやく深い眠りに入ることができた。
・・・のだが、
11時頃になり、テント内の蒸し暑さで起きることになる。
汗はダラダラ。
これではテントの中でまったり、ともいかない。
撤収準備を始める。
昨日いた3つのテントは、もう姿を消していた。
私は最後に出発することが多いなぁ。
寝ていたいのだ。

 

出発準備を終えて、自転車に乗ろうとすると、
さきほど車でやってきたおばちゃん達に話しかけられた。

 

 

おばちゃん「あらーもう出るの?さみしいわねー」
そう「うん!もう行くよ」
おばちゃん「あなたウチの孫みたいでかわいいわぁ」
そう「そう!ありがとう」

ここのキャンプ場はアルトリ岬という名前が付くだけあって、
岬に立地している。
小高い丘を登れば、そこから海を見下ろすことができる。
今日は、ここから10km程度離れたところにある洞爺湖(とうやこ)に
行こうかと思っていたが、
天気はあいにくの曇り模様。
洞爺湖は地図で見ると丸い湖で、真ん中に島があるような、面白い形をした湖だ。
しかし、今日みたいな天気の日に行っても、
今ここから見える景色とそう、代わり映えしないかもな。
そんなツマラナイことを考えて、行くのはやめにした。
つまらない、大人になってしまったもんだ。
まぁ、無理はしない。
心から惹かれるものにだけ、向かっていけばいいさ。
自分の心を騙せなくなってきたんだ。

 

キャンプ場を後にして走って行くと、道端に小さい牛のようなものがいた。
そいつは、ねこだった。
しっぽがカットされたようになっているな。
こいつは僕がチャリンコで通り過ぎて、写真を撮るためにまた戻ってくるまでの間、
ずっとこのポーズで固まっていた。
・・・もしかして牛のフリだろうか?
こいつの名前は牛太(ギュータ)だ。

 

朝ごはんに、コンビニに寄る。
セイコーマートの唐揚げと、冷やし甘酒だ。
週末は、5個入りのところ6個入りに増量されているというこの唐揚げ。
実においしい。
5年くらい前にZRXというバイクで北海道に来た時も、毎日食べていた。
味はあの時のまま、おいしいよ。
食べながらいつも思うのは、
あとご飯があれば、立派な唐揚げ弁当になるよなー
ってことだ。
ご飯を食べたら、また走り出す。
ときどき上り坂を上って行くものの、そこそこ走れる。
出発時はとにかく上り坂が苦手だったが、ここまで走って来て鍛えられたのだろうか。
それとも、出発してから間も無く走った四国の山々が、険しすぎたのだろうか?
とにかく今は、上れてる。
汗をかきながら。
たくさん息を吸い込んで、体内の熱を奪った空気を、
吐き出して行く。
吐き出した息は、熱いのが分かる。
エネルギーを燃焼しているのが分かる。
上り坂を上り終えたら、今度は下り坂だ。
下り坂では口を大きく開けてみる。
走行風で口から空気を取り入れてやるんだ笑
なんちゃってラムエア(過給)システムだね。

 

走っていると、今度は晴れて来た。
室蘭(むろらん)という町まで来た。
橋が架かっていて、大きな工場地帯が見える。
地元岡山の児島の風景に似ているよ。
そう、岡山には香川まで瀬戸大橋がかかっているからね。
どことなく似た風景だなと思った。

 

さて今日は、スポーツ用品店に寄ることにした。
お目当ては、競泳水着だ。
今までプールに行くときは、海パンで行っていたが、
この頃水の抵抗の少なそうな競泳水着を着て泳いでみたいと思っていたんだ。
あの、ピチっとした水着ね。
いくつか試着して見たが、やっぱりあのピチっとした水着を着ると、
いかにも泳げそうな雰囲気になる!
なのにお腹はでてるヨ・・・。
これだから、最初は着たくなかったんだ。
でもこの頃はもっと上手く泳げるようになりたいな、と思うようになってきたから、
競泳水着を買うことにした。
他にも、スポーツ用品を見て回った。
バッティングセンターにもよく行くから、
バットを見たりしたけど、
高いものは3万円や4万円するみたい。
バットも、高性能なものがあるんだね。

 

 

それから、登別(のぼりべつ)の町にあるプールに行く。
さっき買った競泳水着を履いてみる。
もう、ピッチピッチだ。
Lサイズを買ったけど、ピッチピッチだ。
なのに、すごい動きやすい!
水を含んでもめちゃくちゃ重くなるわけでもないし、
水の中でもも上げをしてみると、水の抵抗が少ないのがよく分かる。
それに、海パンよりもかっこいい!
プールでは、多くの人が水の抵抗が少なそうな水着を着ているから、
競泳水着の方が場に馴染むんだ。
海ではサーフパンツのような、海パンの方が似合うと思うけどね。
そうそう、プールで泳ぐんなら、やっぱりこういう水着だよね。
今日はけのびの練習をした。
プールの側壁を蹴って、そのまま進むやつだ。
今まで間違ったやり方をしていたので、
正しいやり方で練習する。
でも、水の抵抗の少ない矢のような姿勢を水中で保つのは、
簡単なようで難しかった。
あとは、潜水で25m泳ぐことができた。
息継ぎなしで25m泳ぐのは、なかなか・・・苦しい。
そうこうして、プールから上がった。
時刻は18時。
今日は苫小牧(とまこまい)のネカフェに泊まる予定なんだけど、
ここ登別の町からは50km程度距離がある。
今日はナイトランになるなー
これは余談だが、苫小牧は”とまこまい”なのか”こまこまい”なのか、
イマイチ読み方が分かってなかった( ・∇・)

 

仕事をしていた時、八戸(はちのへ)という単語を館内放送することがあったんだけど、
その時も”はちのへ”なのか”はちのえ”なのかよく分からなくて、
「はちのふぇ
って言ってた笑
だからもし、苫小牧という単語を人前で言う時に読み方が分かっていなかったら、

「ぉまこまい」
と言ったと思う。
母音でそれっぽく聞こえるように、頑張るはず( ´Д`)

 

海も見えてきた。
だけども走っていた歩道は砂が積もっていて、
こけるかと思った。
まぁ超絶テクで難なくクリアだね。

 

 

でも、走っていると後輪のスポークが折れた。
走行中の異音というのは、嫌な予感がずばり的中するもので、
あ、後ろのスポーク折れたかな?
と思ったらやはり、折れていた。
でもこないだコンビニ受け取りで入手したスポークを使って修理することができた。
手に入りにくいものでも、こうしてネットを活用すれば
旅先で困ったことがあっても、どうにかできる可能性が高まる。
今日はスポークが折れたショックよりも、自分でどうにか問題を解決できたという
ことの方が嬉しかった。
小さなことだが、一つ前進したと思う。

 

頑張って走っていると、霧が出てきた。
霧のせいで20m先までしか見えない。
と思ったら、メガネについた水滴を拭うだけで、
視界は50m先まで開けた。

 

 

辺りは次第に、暗くなっていった____

 

 

霧の夜という悪条件の中、
目的地はあと30km先だ。
心細い気分になる。
さっきプールで泳いでいたから、こんな事になるんだぞ?
僕は僕を責めた。
でも、今日はネカフェに泊まるということが分かっていたから、
その安心感もあって、
ある意味打算的な、
心細いナイトランだ。
こういう寂しくて不安な気持ちも、悪くない。
こういう時に思い浮かぶのは、家族や友人、恋人、そしてうちにいるねこのこと。
いつもそばにいると、分からないけど、
こういう夜には大事なものだと、よく分かる。
そんな気持ちを抱きながら、走って行く。
よし!
ちょっと本気で漕いでみるかっ!
・・・!!
「42km/hは出てるかなっ」
街灯の下を通り過ぎる時に、スピードメーターに目をやる。
「34km/hしか出てない・・・」
もう、やめだやめ。
今日は疲れてるんだ。
車で言うなら、100km/h出てると思ったら70km/hしか出ていなかったようなものだ。

 

辺りは、真っ暗だ。
対向車が通り過ぎる一瞬の時間、
ヘッドライトに幻惑されて、
数秒間の間視界が暗闇に包まれる。
そのときは、自分が本当に道路を走っているのかさえ
分からなくなる。
その数秒間は、自分の運命を信じるしかない。
暗闇を切り裂いて行く。
トマコマイの町はもうすぐだ!

町に着くと、温泉に肩まで浸かったような
安堵感に満ちてくる。
旅行で街を歩き回って、その後
ホテルにチェックインし、
今日泊まる部屋のドアを開けた時のような、
心地よい安堵感だ。
さて、ネカフェに入る前にブログを書こうと思う。
ネカフェでは、パソコンのタイピング音が迷惑になるため、
ブログの更新ができないのだ。
そこでマックなどでブログを書いてからネカフェに行くのがいつもの事。
携帯から書けば、いいんだけど
私は携帯で文章を打つのが苦手な方なので、いつもパソコンで書くようにしている。
近くのマックは21時閉店のところがあり、
もう21時を過ぎているため24時まで営業しているマックに行く。
マックに着いて自転車を停めて、さぁ行こうと店内を見回すと、
客がいない。レジにはclosedの看板が見えた。
どうやら、夜間はドライブスルーの営業のみのようだ。
私はマックのあたりを一周し、何事もなかったかのように
自転車に戻る。
さぁー!今日もブログ書くぞー!
みたいな気分でいたくせに、
そっけないふりをして・・・笑
こういう経験、あるんじゃないかなぁ?
なんか恥ずかしいやら、悔しいやら、むかつくやら、
あぁー、これからどうしよ。
せっかく来たのにとか、
いろんな気持ちが混ざってて、・・・青春みたいだね!

 

その後モスバーガーに行ったよ。
でもここは22時閉店で、結局ブログを書く時間までは残されていなかった。
だからブログは明日書くことにして、ネカフェに行った。

 

 

この日は、
「君に届け」
という漫画を読んだ。
先に映画版を見たことがあったので、今まで見てこなかったんだけど、
漫画もすごく面白いね(^_^)
けど、半分しか読めなかった・・・。
漫画の続きが読みたいから今日もネカフェに泊まろうかとも思ったけど、そこはこらえて前へと進んでいきたい。
今日もお昼からのスタート。

 

のんびり屋だ( ・∇・)

 

◆Next







 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)