バファリンと俺【広島 しまなみ海道】

昨日は、夕方になってようやく、
俺の足が起きてきた。
だんだん本領発揮し始めた。
坂道だってなんのその。
時速8kmで進めてしまう。ゆっくりね、ゆっくりとだ。
さすがに夜になって焦ってきたのか、
俺の足も本気を出したようだった。
結局この日は70kmほど走って、道の駅近くの公園にテントを張ることにした。
ここではもう一人自転車で来ていた人がいて、
その方もテントを張っていたが話すことはなかった。
お互い、疲れていたのかもしれない。

 

そして、朝4時ごろに目が覚めた。
今日の朝ごはんはカレーにしよう。
そそくさと準備を始めた。

 

ご飯を炊いて、蓋の上にレトルトカレーを載せればできあがりだ。
カレーはご飯が炊ける頃にほどよく温まる。
カレーの出来上がり写真も撮ってみたが、まぁ、その、
ちょっとアレかな?と思ったので掲載はしない。

 

昨日べいさんがくれたお味噌汁シリーズ。
今日はこの中から野菜をチョイス!
ふだん野菜を食べないから、野菜が食べたい気持ちだ。
さりげなくクッピーラムネが入っているのがポイントだ。

 

私は中学生の頃クッピーラムネが好きで、
修学旅行の時にはクッピーラムネを30袋ほど持っていたことがある。
そしてその後、17歳の時に北海道まで旅をすることにしたのだが、
親は反対していて、怒っていた。
それでも旅立つことにしたのだが、
旅立つ前日になって母親が大量にクッピーラムネを買って来て、
それを机の上に置いていた。
なんだかんだ、行ってこいの合図なのだろう。
そして旅立った日、私は三重県の山奥でクッピーラムネを食べて
すごく家に帰りたくなったんだ。

 

というエピソードをべいさんにしたことがある。
べいさんがクッピーラムネを入れてきたのは、その辺も関係があるのかもしれない。
泣きながらいただいた。

 

味噌汁はばつぐんにうまかった。
全身に染み渡るぜ。
でも味は、鼻が詰まっていて分からない。
まだ風邪気味のようだ。
いずれ治るであろう。

 

朝靄の中をかけて行く。
早朝5時。
まだ体は温まらないから、雨具を着込んで走った。
モンベルのレインウェアは動きやすいし、
ズボンはけつ部分が強化されているのでサドルとの摩擦を緩和してくれる。
素晴らしい商品だ。
私もやっぱり働いて、人の役にたっていかないといけない。

早朝に電動車椅子で散歩していたおばあちゃんが、とても気持ちよさそうにしていた。
あれがあるから散歩もはかどる訳で、それを作っている人は、
社会に貢献しているということで、それはやっぱり素晴らしいことなんだ。

 

まだ朝の9時をまわったところだけど、
道ですれ違う人たちにはついつい、こんにちはと言ってしまう。
まだおはようございますの時間みたいで、
こんにちはがおはようございますで返ってくる。
起きてから5時間経ったけど、まだまだ朝の範疇だ。

 

交差点で若者のスクーターが3台横並びになってシグナルGPをしていた。
みんなスーパーマンのような乗り方で、できるだけ空気抵抗を減らそうと頑張っていた。
車種はディオのZX。2ストロークエンジンのやつだ。
もう古いんだけど、排気ガス規制の関係で古い原付の方が速いんだ。
やっぱりみんな、速いやつが好きなんだなぁ。

 

ここでコンビニに寄ってトイレに入った。
鏡を見たら、さっき食べたソフトクリームが口の周りそこらに付いているし、
鼻水が固まって鼻の穴がガビガビになっていたのでほじっといた。
あぶないところだったぜ。

 

今日はしまなみ海道を抜けて行く。
どうやらサイクリストの聖地とかなんとかになったそうだ。
それも納得できる。

 

「島と島をつなぐいくつもの橋は私たちに新鮮な驚きと感動をもたらしてくれる、それは時としてあなたの瞳だけではなく心までをも奪ってしまうだろう」

 

……、勝手にそれっぽい言葉をつくってみた。

多々羅大橋では、鳴き龍という現象があり、
そこで手を叩くとパン!パンパンパンパン!!と何度も音が反射しあって聴こえるのだ。
これが面白くて何度もやっていた。
橋を降りたら道の駅でこの旅を開始して以来初めてとなる初うんこをした。
そして、足用の水道があったので足を洗った。
サンダルで来たから、すぐに足が洗える。
なぜ旅にサンダルで来たのかというと、私は足がとても臭いからだ。
連れには大鼻もげというあだ名で呼ばれている。
とても鼻がもげそうになるほどの足の臭さの持ち主
ということらしい。
そんな大鼻もげの私もこれで大丈夫。

 

話は変わるが、私は日本一周中だと分かるような看板をぶら下げていない。
そのため、全く話しかけられることがなくて、
この旅で話しかけられたのは昨日のモスバーガーに行った時に店員さんが
「店内でお召し上がりですか?」
と聞いてくれただけだ。
それに、サイクリストの聖地しまなみ海道は自転車が多いから、
こんな自転車で走っていても溶け込むだけだ。
日本一周の看板をつけていないと、
やはり声をかけてもらったり激励されるようなことはないのだろうか。
出会いもない。
新しい自分との出会いしかない。
まぁそれでいい。

 

そうして70kmほど走った頃、頭痛がすることに気づく。
偏頭痛というやつなのだろうか、
仕事を始めてから頭痛がするようになり、
あまりにそれを繰り返すのでとうとう薬局でバファリンを買って服用するようになった。
バファリンの半分は優しさでできているから、とてもよく効く。
しかしこの旅では頭痛がすることもないだろうと思いバファリンは持ってこなかった。

 

しまったと思った。
そこにあった薬局。
俺はソッコー入ったバファリン手に取りレジに並んだ。
店出てソッコーバファリン飲んだ。
Yo!

 

薬局を出てすぐのところにベンチがあったから、そこで休もうとしていた時だった。
第一旅人発見だ。

 

たびタビ旅というブログをしているみのむしさんだ。
今日みのむしさんがしまなみ海道を通るのでどこかでお会いできたらいいですねという
やり取りをしていたが、うまくお会いできてよかった。
旅での出会いは、これでモスバーガーのお姉さんについで二人目だ。
とても細い方だが、1日100km走ることもあるという。
これでまた私の価値観の幅が広がる。
こんな人もいるんだなって思う。
かたや私は70kgくらいある、ちょっとしたデブだ。
体力は、ありそうに見える。
でも1日70kmくらいしか走れないし、バファリンも愛飲してる。
色んなものの見方があるのだ。

 

みのむしさんは、
みのむしさん「どうしてサンダルなんですか?」
と訪ねてこられました。
そう「いえ、まぁ色々ありまして」
と言いましたが理由は前述の通りです。

 

みのむしさんはこれから、さっき私がこの旅始まって以来はじめてのうんこを決めた道の駅に行くそうだ。
もちろんそんな会話にはなっていないが、私の頭の中ではそうなっている。
私も同行して、今日は一緒にお酒でも飲もうかな!
そう思ったが、さっきまで、、というより今も頭痛がしているのに、
それを翻して
「いや全然大丈夫ですよ!一緒に飲みましょう!」
というのは僕の中では違っていて、それはかっこ悪いことだと思ったので、
次に巡り合えそうな北海道で、また会えたらその時は飲みましょう!
と話してみのむしさんを見送った。
みのむしさんは漕ぎ出しから馬力が出ていて、とても速かった。
2ストロークエンジンなのだろうか。

 

そうして、私はしばらく休んだあと再び走り出した。
さきほど走り出したみのむしさんとは逆の方向へ。
次に会えるかもしれないのは、北海道か。
今にもミスチルの曲が流れて来そうな状況の中で、
私はこう思った。
「旅で求めている出会いは、こんな感じなんだよな」
と。
看板つけていないから、出会いの数は少ないだろうな。
でも少ない分を大切にしよう!
そうも思った。

 

今日の寝床に着いた。
先客がいる。
名前はしろまるだ。

 

明日は松山に行って、3日ぶりの風呂に入るつもりだ。
明日はどんな感じになるのかな?
旅は続いて行く。

 

◆Next







 



2 件のコメント

  • お疲れ様です!

    まだZに遭遇はしてませんか?(笑)
    道のりは長いでしょうけど、頑張ってくださいね!(σ・ω・)σ

    • たーきーさんこんにちは
      走っているZは、一台だけ見かけました!
      とまってるZは二台見ましたが、少ないですよね
      でもやっぱりかっこいいです!
      ぼちぼち頑張っていきます!ありがとうございます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)