快適な旅のために小さな反省点を解決する【VDCスイッチ移設とUSBポート増設】

旅の反省点を解決していく

今回は、四国・九州ロングドライブで気になった反省点を改善していこう!

というコーナーです。

些細なことですが、些細なことの積み重ねでもっと旅を快適にしていきます。

 

今回は、VDCスイッチの移設と、USBポート増設を行ったので紹介します。

まず一つ目の改善はこちら!

 

これはZの運転席周りの写真ですが、右下のあたり白丸で囲っているところに、

VDCという横滑り防止装置の完全オフスイッチを取り付けています。

これはDIYで取り付けたもので、ドリフトなどをする時にのみ使うスイッチです。

フェアレディZ33 電子制御を解き放て *TCSとVDCの違いとVDC完全カットスイッチ取り付け

2016年12月23日

 

このスイッチはサーキットに行った時くらいしか使わないのですが、

取り付け位置が悪かったために、休憩時や車中泊をする時にスイッチが足に当たる状態になっていました。

小さなことなのですが、じわじわと気になってきたのでスイッチを移設することにしました。

スイッチの移設完了!

スイッチはステアリングの下あたりに移設しました。

間違って触れない場所、かつ休憩時や車中泊の時に足に当たらない場所に移設しました。

これで、車中泊の時も快適に?寝られるようになるかな。

Zで車中泊する機会が待ち遠しくなりました。

USBポートを取り付けて充電場所を増やす

次は、USBポートの取り付けです。

僕のZにはオーディオデッキにUSBポートがあるため、

そのポートを使ってカメラの電池の充電を行っていました。

 

しかし、オーディオデッキのUSBポートで充電すると、必然的に充電しているものを

オーディオデッキの周りに置くことになるため、充電中の見た目がゴチャゴチャしているところが気になっていました。

そこで、USBポートを増設してやることで、違う場所でも充電ができるようにしてやります。

僕が購入したのはエレコムのUSBポートです。

 

これを、Zの後ろ側にあるシガーソケットに取り付けました。

 

これで、カメラの電池を充電する時もオーディオデッキまわりがゴチャゴチャすることなく、

すっきり充電を行えるようになりました。

僕はあまり物を買うことは好きではないのですが、

旅をしている時でもスマートな車内を目指して、USBポートの増設をすることにしました。

 

僕はYouTube撮影をする関係で、カメラやライトの充電をする機会も多いので、

買っておいてよかったかな、と思っています。

次の旅に備えて旅の反省点を改善していきます。








 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)