フェアレディZ33にTEINの車高調を取り付けた感想【 FLEX Z】

フェアレディZ33にTEINの車高調を取り付けた感想

フェアレディZ33にTEINの車高調を装着して1年間、15,000km程度走行したので

TEINの車高調を取り付けた感想を書いていきます。

Zに車高調の導入を検討されている方や、同じTEINの車高調の取り付けを考えている方などの参考になるように、

車高調を取り付けて変わったことについて書いていきます。

このページでは

 

・取り付けたTEIN車高調の紹介

・車高調取り付け前後の車高の比較

・TEIN車高調の乗り心地について

 

書いています。

車高調の交換の様子については、YouTubeに動画を上げているので

興味のある方は動画の方をご覧ください。

 

取り付けた車高調について

amazon

楽天

TEIN テイン FLEX Z VSP24C1AS3 減衰力16段階車高調整式ダンパーキット 日産 Z33 フェアレディZ/PV35 スカイライン 等用 3年6万キロ保証

 

私が装着したのはTEINのストリートモデル、FLEX Zというモデルです。

価格は約8万円で、車高調の中ではそれほど高くなく、MADE IN 横浜ということで購入を決めました。

車高調整しても乗り味の変化が少ない全長調整式ということと、16段階の減衰力調整ができる点も魅力でした。

 

ちなみにバネレートはストリート向け製品ということでそれほど高くなく、

F:10Kgf/mm

R:9Kgf/mmです。

ストリートでの乗り心地を考慮された数値となっています。

取り付けた理由はダウンサスだと車検に必要な最低地上高が確保できなかったため

車高調を組む前は、純正サスからダウンサスに変更して乗っていました。

しかし、車高が下がりすぎてしまって車検に必要な最低地上高9cmを確保できなかったため、

車高の調整が可能な車高調に交換することにしました。

 

ダウンサスは価格が手頃で、車高を下げることができるアイテムですが、

車高調と違って減衰力の調整や車高の調整ができないため、

最初から車高調を入れておけば良かったかな……、と思いました。

 

ダウンサスを組んだ時の記事はこちら

フェアレディZ33 RS-Rダウンサス取り付け Ti2000

2017年7月20日

TEIN車高調の様子

こちらの画像はYouTubeに上げた動画のキャプチャです。

TEINのサスはアッパーマウント付きのため、純正サスを外して付け替えるだけでOKです。

スプリングを取り外したりする作業がないため、

スプリングの脱着が必要なダウンサス取り付けよりも交換が簡単でした。

 

全体的にしっかりとした作りだと感じました。

塗装も分厚そうで、サビにも強そうです。

なお、1年間(15,000km)使用した現在、サビやトラブルなどはありません。

 

しっかりとした作りだが、重量は純正より重かった

純正サスよりもマウント部の肉厚があり、全体的にがっしりとした印象のTEINサスですが、

その分純正サス(スプリングはRS-RのTi2000)よりも重く、

リアサスで比較するとTEINの方が1セットあたり1,9kgほど純正サスより重かったです。

 

こちらはフロント側です。

フロント側は、1セットあたり0,4kgほどTEINの方が重かったです。

右側の黒いサスが純正ですが、純正と比べるとTEINサスの方が肉厚なつくりです。

車高の比較

純正サスの時の車高

こちらが、納車直後の純正状態です。

純正状態でもそこまで車高が高いという印象はないですが、

少しローダウンしてみたいなという気持ちはありました。

ダウンサス取り付け後の車高

こちらはRS-RのTi2000ダウンサス取り付け後の状態です。

少し分かりにくいですが、純正状態よりも確実に車高が下がっています。

車高の高さとしては気に入っていましたが、TEINの車高調に交換することにしました。

TEINの車高調を取り付け後の車高

こちらが現在の車高です。

この画像よりも車高を低くしていた時期もありましたが、

車高を下げすぎると乗り心地が悪くなってしまったので(足がよく動いていないような感じ)、

少し車高を上げました。

車高を下げるとカッコいいですが、

それに合わせてアーム類の適正化(スタビライザーリンクなど)を行わないと本来の足回りの動きが阻害されてしまうのだと感じました。

 

また、私はあちこちドライブに出かけるのが好きで、時には悪路を走ることもあるのですが、

車高を下げすぎていると車体下部などを擦ってしまうことがあるため、悪路を走っても車体が擦らない程度に車高を下げています。

このように車高調だと好みの車高にセットできるのも利点ですね。

見た目と走りのバランスの良いところで車高をセットすることができます。

TEIN車高調取り付け後の乗り心地について

TEINの車高調を取り付けた感想について書きます。

ここでは一般道での乗り心地や、減衰力調整による乗り心地の変化、

サーキットを走った感想などを書きます。

一般道でのインプレッション

まずは一般道での感想ですが、

取り付けて初めの頃に思ったことは、

「純正サスも結構良かったんだな」

ということです。

 

私のZ33には中期型以降のモデルに採用されている

「デュアルフローパスショックアブソーバー」

が採用されており、これは低速走行時の微振動を取り除き、高速走行時の突き上げもいなすというダンパーでした。

そのため乗り心地が良いのにも関わらず、フワフワ感はあまり感じさせないというダンパーです。

 

そのため、TEINの車高調に交換しても

思っていたほどの感動はありませんでした。

強いて言えば、純正サスよりもバネレートが高いためコーナー時のロールが減り、

きついコーナーでも内輪の浮きが抑えられるようになるのでよく曲がり、よくトラクションがかかるようになりました。

しかしそういった恩恵を受けられる場面というのは、一般道においてはそれほど多くはなかったため、

純正サスもよくできていたんだなぁと思った次第です。

減衰力の調整について

TEINサスでは純正サスと違い、

サス上部にある減衰力調整機構によって減衰力を調整することができ、好みの乗り心地に調整することができます。

減衰力は16段階で調整できますが、

一番減衰力が弱い状態だとフワフワとした乗り心地で、

一番減衰力が強い状態だとガチガチとまではいきませんが、ややハードな乗り心地になります。

 

フロントの減衰力調整は、ボンネットを開けてサス上部のダイヤルを回すことで調整可能です。

リアの減衰力調整については、内装が付いている状態だとサス上部のダイヤルにアクセスできないため、

内装を外すか、内装の一部に穴を開けるなど加工が必要です。

私はリアの減衰力調整の際に邪魔になる内装は外しているため、

タワーバー付近に元々空いている穴から長めの六角レンチを差し込んで減衰力の調整をしています。

リア側の減衰力調整は少々やり辛いですが、工夫をすれば調整の度にダンパーを外す必要はありません。

サーキットでのインプレッション

TEIN車高調は、サーキットに行くとより良さが際立ちます。

コーナーで車体のロールが減るので、4輪がしっかりと粘ってくれるようになった感じがします。

タイムを削るような走り方をする人にとっては、もう少しバネレートの高いものの方が良いと思いますが、

私のようにスポーツ走行を楽しむくらいの人なら、十分満足できるのではないかと思います。

まとめ

TEIN FLEX Z車高調は、

車高を下げてみたい方、初めて車高調の導入を考えている方におすすめです。

価格もZ33の車高調の中ではそれほど高い部類ではなく、信頼もあるメーカーだと思います。

減衰力の調整や車高調整ができることで色々と遊べますし、おすすめです。

 

amazon

楽天

TEIN テイン FLEX Z VSP24C1AS3 減衰力16段階車高調整式ダンパーキット 日産 Z33 フェアレディZ/PV35 スカイライン 等用 3年6万キロ保証














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)