野生をとりもどせ【茨城】

昨日は辰巳水泳競技場というプールで泳いだ。
足が付かないほどの深さのある、50mの立派なプールを満喫した。
夜は茨城に入ったところでネカフェに泊まることにした。
この晩はカップ麺のどん兵衛を食べた。
西日本は粉末スープだが、関東なので液体スープが入っていた。
若干甘めに感じる。

 

 

 

そして朝。今日は10時からのスタートだ。
最近まで上着にモンベルのパーカーを着ていたが、
さすがにボロボロになってしまったため捨ててしまった。
よって、今はTシャツに短パンというラフな出で立ちをしている。
今まで露出していなかった腕もガンガン日焼けする。
これがけっこう痛い。
でも今日は幸い曇りで、気温も30℃と過ごしやすい方だ。
おまけに、すごい追い風。
これなら、休憩を長めに取っても大丈夫そうだ。
追い風は本当に気持ちいい。
信号待ちで停まっていると背中に風を感じる。
走り出せば、風が僕の背中を押してくれる。
そしてスピードがのってくれば、今度は風を感じなくなる。
なぜか?

 

 

 

それはね、風と一緒に走ってるからだよ・・・?

 

 

 

ようは、とても気持ちがいいということだ。
途中、休憩をしたり
1週間ぶりくらいにギターを弾いてみたりした。
この頃ギターカバーからやたらアリが出入りしていたので、
ギターがどうなってるのか心配だったが、
特に問題はなく安心した。
ギターの練習をするが、弾き語りがとても難しい。
通る声も出ないしな、歌うと今度はギターがおぼつかなくなってしまうしな。
まぁでも、こんな時間はとても心地いいんだ。

 

 

それから調子よく走って行き、水戸の偕楽園についた。
どうやらこのあたりは、あの水戸黄門ゆかりの地のようだな!
そうだな!水戸だもんな!
納豆のことしか思い浮かばなかったよ・・・。
偕楽園に入る前に、自転車を何気なく見ていたら、
また後輪のスポークが折れているのを発見した。
すぐに修理したが、
これでスポークが折れるのは3本目だ。
予備スポークはあと2本になってしまった。
またどこかで買った方がいいかな・・・。
ここでついでにブレーキレバーの遊び調整も行った。
ブレーキの摩擦材がちびてくると、
ブレーキレバーのあそび(レバーを握ってから実際にブレーキが効き出すまでの範囲)
が大きくなってくる。
それが限度を超えると、ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かなくなってしまうので、
ここでひとまず調整を行なった。
早め早めにメンテナンスをしていこう。
あとは、チェーンも恐らく1万km以上使っているはずだから、
北海道に入る前には交換しておこう。
さぁ、偕楽園に行こう。

 

偕楽園は、入園自体は無料のようだ。
別途有料で観覧できる所もあった。
偕楽園は梅林のようになっているようで、
梅の花が咲く時期はさぞきれいなことだろう。
園内は整然としていた。
しかし夕方だからなのか、人がいない。
自分の他には2人しか見かけなかった。

今日は風が強く、木々が踊っていた。
僕も一人踊りながら、園内を散策していく。

水場があったので手を洗ったり、体を清めておいた。
偕楽園からは向こうの池も見渡せる、見晴らしのいい場所があった。
そこでは石に将棋盤を彫ったものが置かれており、
昔の人はそこで将棋を指していたらしい。
想像してみるに、情緒のある光景だ。

偕楽園の向かいの池には、池と川に挟まれたような遊歩道があった。
その遊歩道の路面半分は、アスファルトよりも少し柔らかい特殊な舗装がされていた。
これは、歩いたりジョギングしたりする人への配慮だ。
地面が硬すぎると膝に負担がかかるため、少し柔らかい舗装にしているのだろう。
ジョギングして汗を流すには良さそうだな。
その脇のアスファルトの部分を自転車で駆け抜けていく。

 

それから、水戸の街を走ってひたちなかという街に着いた。
ここはネカフェが2軒ほどあって、
ネカフェの誘惑がすごい。
ここ最近はネカフェにしか泊まっておらず、
体はすっかりネカフェで泊まるのに慣れてしまった。
だが今日は野宿の予定なのだ!
野生にかえるぞ!
ネカフェの誘惑を振り払い前へと進む。
進んでいくとバッティングセンターがあったので入る。
バッティングの誘惑には勝てなかった。
しかしここは1ゲーム350円と高めなので、1ゲームだけ遊ぶ。
もうバッティングセンターに行きすぎて、
自分なりのバッティングセンター評価基準が出来上がってしまった。
バッティングセンターのいい悪いが判断できるようになったのだ。
今後の人生のどこで役に立つと言うのだろう?

 

 

 

すっかり日が暮れてきたので、寝床へと自転車を走らせる。
今日は脚の調子が良い。
街に近いところでは、一般自転車に抜かれたりもするが、
少し重いギアに入れて2から3漕ぎほど力を入れて漕いでやれば、あとは惰性ですぐに追いつける。
坂道で立ち漕ぎをしている人にも、楽々ついていける。
トレーニングとは違って自然に鍛えられていくものなので
2ヶ月ほどの時間がかかったが、
出発時と比べると明らかに脚の筋力がついたようだ。
そこそこ早い一般自転車をぶち抜いていくと、
自分がスーパーサイヤ人にでもなったかのような気分になる。
あぁ、ロードバイクに乗ってみたいな。
こないだは、ロードバイクと勝負したけど結局ついていけなかった。
軽い登りで30km/h以上出る戦いだった。
ロードバイクで、クリートという足とペダルを固定する器具をつけた人だったが、
全体的に筋肉がそれほどついているように見えなかったので
勝負を挑んだのだが・・・、
やっぱりついていけなかった・・・(°▽°)
まだまだ鍛錬が必要なようだ。
ただし!明らかに速そうな人には勝負を挑まないからな!笑
見りゃ、分かるからな!!
まじで!!
そもそも勝負にもならない。
僕はアルトでGTRに挑んだりはしない。
しかし、日が暮れてくると走りやすくなるな。
暑くもない。寒くもない。
ただ、目の前の疾風り(はしり)に集中していればいい!
ごめん、もう一回言っていいかな?

 

 

ただ、目の前の疾風りに集中していればいい!

 

 

(よし)

 

 

 

さぁ、今日は茨城の道の駅に向かって、
久しぶりに野宿をするぞ!
明日も、どんどん北上していく。
そうそう、関東では観測史上最速の梅雨明けとなったそうだが、
それは何故か!
晴れ男の僕が関東にいたからです!♪( ´▽`)

 

 

でも明日は雨が降りそう( ´Д`)y━・~~

 

◆Next







 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)