Night Run【愛媛〜広島】

今日はやまだの家からスタートだ。
今日はベッドの上での起床だ。
久しぶりの布団なので、逆に寝づらかった。
旅慣れた証だろうか。
やまだは8時前に出勤していった。
今日も仕事のようだ。
ぼくは

「いってらっしゃい」

 

そう言って見送る。
やまだは

「うん、いってくるわー」

 

と言って出ていった。
友達の家で出勤する友達を見送る無職のわたし。
これまた初めての経験だな。
でも、友達が頑張っている姿を見ると、こちらも頑張ろうと思えてくる。
その後、やまだのお母さんに朝食をつくって頂き、
朝ごはんを食べた。
昨日今日とゆっくり愛媛にいたからか、
愛媛県民になったような気分だ。
やまだのお母さんに見送られながら出発した。

 

出発時のはじめの踏み出しは、いつもゆっくりだ。
今日1日の始まりを確かめるようにゆっくりと踏み出して行く。
毎日が新しい日々だ。
旅する毎日は毎日が新鮮で、時に苦しく時々楽しい。
そしてときどき切なくもなる。
今日はどんな日になるだろうか。

 

今治(いまばり)の街を抜けて行く。
今治といえば、今治タオルとか、焼き豚玉子飯を売りに出しているね。
今治タオルはとても肌触りもいいし、ロゴというか、マークもかっこいいので好きだ。
写真にあるプロペラは、船のスクリューだろうか?
今治造船があって、そこでも外国人労働者が多く働いているらしい。

 

今日も暖かな日で、走って行くのは非常に気持ちいい。
上り坂では汗ばむものの、下りになると汗がひいていく。
喉が渇いたら、昨日詰めた西条のうちぬきの水で一休み。
自転車を漕ぎながら飲むと格別にうまい。

 

今治からしまなみ海道に行くと初めの橋である、
来島海峡大橋へと向かう。
橋へと向かう道は蛇行しており、
できるだけ上り坂が急でないように設計されている。

 

自転車道と名乗るのは簡単だが、
こうして親切に設計されてこそ、価値があるものだ。
道がこのように曲がりくねっていると走行距離としては長くなってしまうものの、
特に日本一周している人のように、重い荷物を積んだチャリダーにとっては
勾配が穏やかな方が上りやすく、ありがたいものだ。

 

来島海峡大橋を望む。
こうして晴れた日には、とても気持ちいい。
行きにもここを通って来たので、
復路を走っていることになる。
行きも帰りも、であるが飽きたりはしない。
綺麗な風景だ。
綺麗なものはいつ見ても綺麗なもの。

 

尾道までは、69km!
今日はどこまで走るか定めていないが、いけるところまで行ってみよう。
今日の食事ではたんぱく質を重点的に摂っており、
脚の筋肉を鍛える目的もあって、いつもより頑張って自転車を漕いでいる。

 

島内には、白線の内側にブルーのラインが引かれている。
そのブルーのラインに沿って走行すれば、迷うことなく広島県尾道、または愛媛県今治まで進むことができる。
これも、しまなみ海道が走りやすい要因の一つになっている。
ただ、自転車を漕ぐことに集中していればいい。
時々、景色を見ながら。

 

道の駅伯方の塩?だったかな。
そこで撮影した。
南国イメージだ。

 

多々羅大橋の近くまで来た。
自転車で、どこまでも走っていけるんだね。
でもリアタイヤが少しちびてきたな……。
一時帰宅する岡山までは持ちそうだけど、案外タイヤってすり減るものなんだな。
今日は多々羅の湯という温泉に入るつもりだったが、
まさかの定休日ということで、入れずじまいだった。
なんということだ!
なんということだ!
日本一周、打ち間違えて日本異臭になることがあるんだけど、
まさにそんな人になりそうだ!
くそっ!
なんで道端には初心者マークがたくさん落ちているのか!
なんで道端にはコンビニでもらえるおしぼりがたくさん落ちているのか!
どうして人は手袋を片一方、落としてしまうのか!
と、訳のわからないところに怒りをぶつけておいた。

 

そうこうしていると、日が暮れてきてしまった。
綺麗な日暮れ。
しかし、そろそろ寝床を探さなくてはなぁ。
そんな焦りもある中、自転車を走らせて行く。
脚の筋肉は疲れ気味なのか、中々思うように力が入らない。
こういう時に無理しすぎてもいけないかな。
体が教えてくれているんだ。
無理はよくない。

 

夜になった。
尾道大橋の付近から尾道を望む。
夜景が綺麗だった。
尾道大橋はそれまでの橋と違って、自転車専用の道路は設けられていないため、
走るのは少し怖い。
また、橋に至るまでの坂もなかなかのもの。
渡船が便利なので、そちらを使うのもいいだろう。
特に、みんなと一緒にレンタサイクルでサイクリングしよう!
なんて時には、渡船の方がいい。
尾道に着いて最初にこの尾道大橋を渡ると、
坂がきつくて危なくて、サイクリングを楽しめなくなってしまうだろうから。

 

橋を渡った。
今日は完全なナイトランだ。
結局、旅立ちの日の初日に寝泊まりした道の駅まで走ることにした。
着いたのは22:00。130km走った。
自分の中では最長の距離だ。
暗い中ずっと走り、距離も嵩んでいたせいで、
そのせいで、
道中でエロ本を買っちゃった。
買っちゃったよね。
これで家まで安全に帰れそうだ。
これで事故に遭ったら

 

「遺留品の中にこれが……」

 

みたいなことになって、
たぶんそっと棺の中に入れられて、一緒に燃やされてしまうんだろう。
何がなんでも安全に帰らなければいけない。
まぁそんな冗談はさておき、
明日には岡山に帰れそうだ。

 

◆Next







 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)