フェアレディZ33 フジツボ フロントパイプに交換

Z33のマフラーは、エンジン側から

 

1,エキゾーストマニホールド(エキマニ)
2,触媒
3,フロントパイプ(Yパイプとも)
4,中間パイプ
5,リアマフラー
 
 
という構造になっている。
私のZは、サクラムのリアマフラー及び中間パイプに変更しているため、
後のエキマニ、触媒、フロントパイプは純正だ。
今回は、フロントパイプをフジツボ製の物に交換する。
フジツボのフロントパイプに変更すると、
純正比で馬力は5,3PSアップ、トルクは0,1kgアップ、
−1,5kgの軽量化になるとのこと(フジツボ社HPより) 
また、音量に関しては、アイドリング時以外では全域で3dbアップする。
もう少し大きい音がいいなと思っていた私にとっては、音量をアップさせるのも目的の一つだ。
他社ではチタン製の製品もあり、そちらの方がより軽量化になるため、
本当はチタン製を装着したかったものの、値段の安いステンレス製にした。
フジツボ社の製品を選んだ理由は、詳細なデータが掲載されていたことである。
フロントパイプはちょうど運転席の真下あたりに位置しているため、
覗き込まない限りは見えないし、覗き込んだとしてもあまり見えるものでもない。
だから、見た目よりも性能(どのような変化があるのか)が大事であると考えた。
その変化を数値で示してくれていたフジツボ社にしたのだ。
フジツボのステンレス製フロントパイプ。
手で持ってみると結構重い。
集合部は後ろの方になっているが、途中でバイパス部分がある。
どのような役割をしているのだろう?
付属品として、保証書とガスケット3枚、ボルトナット2組が付いてきた。
ここからZの純正フロントパイプの取り外しにかかる。
ジャッキアップして、リアマフラー、中間パイプを外していく。
その後にフロントパイプを外して行く。
フロントパイプは13mmのナット4つで固定されているが、
ガビガビに錆びてしまっていて、13mmの工具が入らない。かといって14mmの工具ではゆるゆるなので
やすりでナットの錆びを落としてから工具をかけた。
それでも、1つナットをなめてしまったため、かなり時間がかかった。
6時間ほどで作業を終えた。
ナットが中々緩まなかったので、潤滑剤を使ってなんとか作業することができた。
潤滑剤はワコーズのラスペネがオススメ。
 
取り外した純正フロントパイプ。
遮熱板を外せば、フジツボのフロントパイプとあまり重量が変わらないかも。
材質は鉄製なので、ガビガビに錆びている。
 
あと、何故か蛇腹部分がぼろぼろになっていた。
車高は下げていないのだけど・・・。
 
交換完了!
新しく付けるボルト・ナットにはかじりつき防止のため銅グリスを塗っておいた。
コパスリップ(COPASLIP) 100gチューブ【並行輸入品】

コパスリップ(COPASLIP) 100gチューブ【並行輸入品】

1,899円(06/28 06:58時点)
Amazonの情報を掲載しています
サクラムマフラーは、やはり美しい。
芸術品だね。
 
フロントパイプは・・・、見えにくい。
覗き込まなきゃ見えないし、見えたところでそんなにかっこいいわけでもない。
それでもまぁ〜、純正よりはかっこいいかな?!
だけど、、、車にキョーミのない人からしたら、
「フロントパイプ?」
で終わりだ。
そして試走に出かける。
アイドリング域では、音量はあまり変わらないように感じる。
街乗りでは、音量も走行フィーリングの面でもあまり変化を感じない。
しいて言えば、1500回転付近のトルクが増したような気もするが、気がするだけかもしれない。
郊外で回してみると、音量のアップは少し感じられた。
確かに音は大きくなったが、少しだ。
音質は、サクラムの音がこれまた少し、割れて聞こえる印象だ。
これはフジツボのフロントパイプのせいだけではなく、
サクラムのサイレンサー容量がそれほど大きくないという事も影響しているのだろう。
フロントパイプを交換した感想としては、
そこまで違いは分からないというものだった。
後は、エキマニと触媒を変更していきたい。
エキマニを変えると、音質がかなり変わるらしいし、
触媒を変えるとレスポンスが良くなり、パワーアップにも貢献するとか。
排気系フルチューンを目指して行く。
 

今回使用した物








 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)