フェアレディZ33 ハンドルをmomoステ(インディ)350mmに交換

今日はZのステアリングを交換する。
Zのハンドルは、私には若干グリップ部分が太い。
きっと、手の小さい女性ではもっと、そう感じるんじゃないかな?
Zのステアリングは、駐車時の切り返し時に手のひらを押し付けてクルクルとハンドル操作できるほどのパワステは効いていないため、
駐車時の切り返しなどではぐっと握ってやる必要があるが、その際に太いなぁと感じていた。
 
ホーンボタンの、Zマークはサイコーにかっこよくて、気に入っていた。
これが日産のマークだったら、もっと早くステアリングを交換していたかな^^;
ステアリング交換にあたり、ダイケイのボスを購入。
ボスというのは、ステアリングの台座のようなもので、たいていは車種ごとに専用のボスが出ているのでそれを購入し、
あとはナルディやら、momoやら好きなメーカーのステアリングを用意して装着する。

交換の動画も作りました

ステアリング交換のやり方について、動画をつくりました。

ステアリング交換の流れが知りたいという方は、ご覧ください(^^)

作業小話

 
以前、スイフトでステアリング交換した際はHKBのアルミボスを使ったが、今回使うダイケイのボスはスチール製だ。
[amazon_link asins=’B00DHCQ8M2′ template=’t-style’ store=’simple5230f-22′ marketplace=’JP’ link_id=’ced0e5cc-745d-45ab-a71b-6cb2490e5c97′] しかしスチールの響きから想像するほど重くはない。むしろ手に取った感触は軽いと言えるほどだ。
重量は450gで、角度調整用のスペーサーが100gだったので、合わせて550g。
それに組み合わせるmomoのインディ、35cmのステアリングは、850g。ボスとスペーサーと合わせて1,400gだ。
Zのハンドルは2,800gだったので、1,400gの軽量化になった。
ステアリングを付けたが、ステアリングのセンターが出なかったのでボスを引っこ抜こうとしたところ、抜けない。
そのため、ステアリングプーラーという工具を購入し、なんとか外した。やれやれだ。しかしまたスキルが上がった。
 
こうしてなんとか装着。径が少し小さくなったけど、それほど操作感に変化はない。
しかし、ヘアピンや左に右にせせこましい峠を走ってみると、純正ステアリングよりも操作量が減って、スムーズに走れるようになった。
なかなかいい感じ!
今度は、シフトノブを換えたいな〜。ステアリングに合わせて、ウッドで・・・。
シフトノブも交換しました
 
海岸線をウッドステアリングで













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)