行けるところまで行こう【山形】

昨日は夜のバーガーショップにてパソコンを開き、
調べ物をしていた。
調べ物とは、自転車に関することである。
後輪のスポークが折れたが、直すためには
後輪の歯車を取り外さなければならない。
しかし取り外すには特殊工具がいるみたいで、
その特殊工具が手に入るのか、また、どんな工具なのかを調べていた。
調べた結果分かったことは、
後輪のスプロケットには

 

・カセット式
・ボスフリー式

の2つがあるようだ。
僕のアルプス号はボスフリー式スプロケットが付いているらしい。
そして、スプロケットを取り外すには特殊工具がいるのだが、
この特殊工具はメーカーによって違い、また年式によっても工具が違ってくるらしい。
参考にしたサイトはこちら。

 

 

僕のアルプス号の5速スプロケットはもう生産されておらず、
入手するならデッドストックか、程度の良い中古になる。
そんなスプロケを外す工具を持っているお店は、稀だと思う( ;  ; )
バーガーショップで一人、途方に暮れていた。
時刻は21:00を過ぎた。
たくさんいた中高生も帰っていったようで、
店内の客はまばらになった。
今日から8月末までポテトのLでも150円らしく、
そのせいかたくさん中高生がいたんだけどな。
僕?
あぁ、食べたよ。ポテトのLをな・・・!

 

今日は結局鶴岡市内にあるネカフェに泊まることにした。
今日は30km程度しか走っておらず、今までで一番走行距離が少ない。
それでも、ネカフェには入らず、
他に野宿できそうなところがないか、探してみたりもした。
だが、やる気が起きなかった。
宿を目の前にして野宿場所を探しにいくのは、
結構パワーがいるものなんだな、そう感じた。
旅で初めて感じる憂鬱な気持ちだ。
自転車は旅のツールじゃない。
相棒だ。
相棒の調子が悪けりゃ、直さないといけない。
でも、自転車に関する知識や、
38年前の古いアルプス号に関する知識もろくに持たずに
旅に出てきたことに、無知な自分に嫌気がさしていたところだった。
そうしていると、一人のおじさんが話しかけてきた。

 

 

おじさん「どうした?」
おじさんに自転車が壊れて、スプロケが外せなくて困ってたんだ、
と説明すると、
おじさんも自転車乗りだし、ウチそこだからスプロケット外してみるか?
と言う。
そこで、おじさんと一緒にスプロケットを外す作業をすることになった。
しかし、作業を始めて行くと、
おじさんより僕の方が自転車に詳しい事が分かった・・・( ・∇・)
そう「ニップルは、タイヤを外さないと外れません・・・」
おじさん「そうかぁ」
スプロケットの外し方は、やっぱり分からなくて
おじさんは自転車整備の本を持ってきた。
でも、発刊が1998年のものだった。
僕の自転車は1980年製だから、この本は役に立たない。
でも僕とおじさんは一生懸命作業して、
やっぱりできなくて、
結局後輪の回転が前よりシブくなって、
手が汚れまくっただけだった笑
ちなみにスプロケットは、
REGINA製で、イタリアのメーカーらしい。
これを外す工具は、アマゾンで調べると売っているようだ!
ただ・・・、適合するかどうかはよく部品を計測しないと分からない。
また、スプロケを外してスポーク修理ができても、
すり減って歯飛びするスプロケットが入手できないので、
いっそホイール・スプロケットごと新しいものにしてやった方がいいだろう。

 

自転車は直らなかったけど、おじさんの優しさのおかげで
僕の心は治りました。
おじさん、ありがとう!
少し晴れた気持ちでネカフェにinして、会員証を提示する。
手は、汚れまくっている。
早く洗わなきゃ・・・。
癒しの空間ネットカフェ。
といっても、旅に出る前は一度しか利用したことがなかった。
会社のおじさんに飲みに連れていってもらって、
その晩に泊まっていこうってことで
ネカフェに行ったことがあっただけだ。
その時は、
「えー!?こんなところで寝れないし!」
と、夜のネカフェの異様な雰囲気?
があまり好きではなかった。
でも漫画は好きで、起きたら手塚治虫の火の鳥を読んでいた。
この旅が始まって、二週間かけて四国一周した時も、
一度もネカフェは利用しなかった。
その時はネカフェがあまり好きではなかったのだ。
それが本州をまわるようになって、野宿する場所がないから
”仕方なく”ネカフェを利用するようになったんだけど、
それで完全に好きになってしまったんだね♪( ´▽`)

 

 

さて、今日は少女漫画を攻めよう。
でも以前より少女漫画コーナーが狭く感じてしまうのは、
それだけ読んだ本が多くなったということだ。
新しい喜びに出会えた嬉しさが、こうしてどんどん薄く少なくなっていくのはさみしいけど、
その分自分の中に何かが、吸収されたということだろう。
地元に帰ったら、早く壁ドン試してみなきゃ!

 

 

山形では酒田に続いて鶴岡と、
二回目のネカフェだ。
そこで気づいた山形県民のネカフェ利用傾向をお伝えしよう。
まず山形の人は、
ブースに入った後の自分の靴を・・・!
ちゃんと揃えている人が多い!
ほら、家でも玄関に入って靴脱いだ後、
脱ぎっぱなしじゃなくて玄関の方につま先揃えたりするでしょう?
あれを、している人が多かった。
次!
山形の人は・・・、ブースの目張りをしない人も結構いる!
これは、ブースの窓を毛布などで隠す人が多いのだけど、
山形の人はそれをしない人もちらほらいたね。
目張りが厳重なところは、
エロ動画をすごい楽しんでいるのかな?
って思うんだけど、そういうのがあまり感じられなかったね。
次!
山形のネカフェは、夜でも賑やか!
都会のネカフェでは、深夜になると寝ている人も多いってんで、
静かに過ごす人が多いんだけど・・・、
山形では、ビリヤードを楽しんでいる人が
夜中の2:00でも元気いっぱいだったよ笑
元気で何よりだ( ・∇・)

 

今日は夜食ラーメンを注文した。
税込313円!
どんな味なのか気になっていた。
具は刻み海苔とねぎと、やけに整ってて味がしみてないたまご。
醤油味だがほんのり癖のある味だ。
ほかに、胡椒とラー油がついてきた。
味のほうは、値段を考えると十分ありだ!
わざわざ持ってきてもらえるし、
その点を考慮するとお値打ち感があるかな。
今日みたいにチャリで悩んでいた日は、食べて飲んで忘れよう!

 

次の日。
今日はネカフェから出た瞬間暑かったー!
34℃らしい。
久しぶりに感じた夏らしい気候。
でも、僕は夏でも夏が好きと言える男さ。
寒がりだから暑い方が好きなんだ。

歩行者・自転車トンネルを通る。
自転車の後輪のスポークは一本抜けたまま。
直す気もないし、自転車に持っていく気もない。
自転車に持っていって、
ないとか、できないとか、取り寄せだとか、言われるのにもうウンザリしてきたんだな。
個人の自転車屋に行ってよく分からない説教をくらうのも嫌だしな笑
だから、アルプス号が走れなくなるまで走る!
で、走れなくなったら自転車を小さく分解して、
手荷物として電車に持ち込み、電車で家まで帰り、
自転車を直してまた戻ってくればいい!
そうしようと考えた。
悩んでいたけど少し心が軽くなった。
まぁここはサバンナじゃあないし?
自転車壊れたら電車に乗るだけだ。

 

海を横目に見ながら走る。
ガソリンスタンドの脇を通る時、テレビの高校野球の実況が聞こえた。
今日は秋田と大阪の決勝戦があるんだ。
秋田に勝ってほしかったけど、大阪が勝ったみたい。
でも、高校生のみなさん、お疲れ様でした!
輝いている高校球児を見ると、僕も頑張らないとなぁって、
思わせてくれました。

 

あつい!
腕がしょっぱい。

 

夏のキラキラした海。
サングラスを装着して走ります。
ダイソーで買った100円の、
メガネの上に付けるタイプのサングラスは意外と活躍してくれています。
100均一でも使えるものがありますね。

 

そして道の駅あつみというところに来ました。
ここは24時間休憩室があり、5分200円のコインシャワーも利用できます。
コインシャワーで汗を流しました。
そしてブログも健気に書いて、時刻は17時30分というところ。
今日はまだ35kmしか走っていないので、
もう少し走って行こうと思います。

 

 

夏の暑さにめげてしまうのは、俺が先か自転車が先か、
行けるところまで行ってやる!
でもな、アルプス号よ・・・。
もしダメになりそうな時は、駅の近くでヨロシクな(*^◯^*)
あと小さくした自転車を入れる輪行袋持ってないから、
輪行袋売っているお店も近くにあるところでヨロシク!

 

 

それでも旅は続いていく(`・∀・´)

 

◆Next







 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)