フェアレディZ33 ウォッシャータンク移設&強化シフトスプリング

今日は

・ウォッシャータンク移設

・強化シフトスプリング取り付け

を行なった。
まずはウォッシャータンクを移設する。

ウォッシャータンク移設作業

 
まずはフロントバンパーを取り外し、ウォッシャータンクを移設した。
ウォッシャーバッグという製品を使用して、純正のウォッシャータンクは撤去した。
しかし、配線が届かないので配線を延長する加工が推奨になることや、
今回使用したウォッシャーバッグにはモーターが1個しかないため、リアのウォッシャーは使えなくなることなどなど、
難しい部分もある。
しかし、約2kgの軽量化と、重量物を車体中心に近づけることで運動性能の向上につながるかな?
 バンパーを外したついでに、フロントマーカーをクリアのものにしようとしたが、
前期型と中期型以降ではマーカーの形状、大きさ、取り付け方法が違うらしく、取り付けができなかった。

 

前期型と中期型以降ではマーカーの形状が異なるので注意

中期型のフロントバンパーに前期型用のマーカーを合わせてみるとこんな感じになる。

マーカーの変更を考えている方は、前期型と中期型以降では形状が異なるので注意が必要だ。

強化シフトスプリングへ交換

そして、デイトナさんの強化シフトスプリングに交換した。
このバネで6,800円は高いな〜^^;
まぁ、かっこいいクリアファイルがついてきたからいいかな?

 

しかし、取り外さなければならない27mmのボルトが外れず・・・ーー;
27mmのソケットだと作業ができなかったため、27mmのコンビネーションレンチを購入。
また、バンパーを外した際にプラスチッククリップが劣化しており、ボロボロだったためこちらも購入した。

 

シフトスプリングの比較

青い左が純正で、右が強化品。ほとんど違いがわからないけど、強化品の方がバネの力が強いみたいだ。
かなり苦労して交換し、試走!

シフト操作の時にニュートラル方向に戻ろうとする力が強くなるとの事だが、確かにそんな感じはする。
しかし、私のZのシフトノブはmomoの木製シフトノブに交換してあり、
シフトノブ自体の重量が純正より軽いため、今回強化シフトスプリングにしたことで、余計シフト操作に力が必要になったと感じた。
シフトが入りやすいとかは特に感じず、ただ前よりもシフトに力がいるようになったというか^^;
男気シフトという感じだ。なんじゃそりゃ。
軽いシフトノブとの相性は、あまり良くないかも–;

2017 6/20 追記

その後少し走ってみての感想を書く。
やはり、スプリングの違いによってシフトが入りやすくなるということはない。
しかし、5速から4速にシフトダウンするときには、
5→N→4という順番にシフト操作するが、その時に5速からニュートラルに戻ろうとする際のスピードが早くなり、
気持ちよくシフトダウンできるようになった。
スポーツカーらしいシフトフィーリングにはなったかな?と思う。

でもやっぱり値段は高いと感じる^^;

 

仮に、次もZ33に乗ったとして同じ強化シフトスプリングを購入し、取り付けるか?

と考えると、再び購入することはないだろう。

価格が2,000円くらいなら考えるが、6,800円は… …。

というのが率直な感想です。

 

参考商品














2 件のコメント

  • いつもブログ拝見させて頂いてます!

    自分もカメラが好きで(へたくそ)車もバイクも色々乗り継ぎ今は白のz33にのってます。
    ずーっとDIYでやってきていて、偶然このブログを見つけいつも更新を楽しみにしてます!
    これからも頑張ってください!

  • 月花さんこんにちは!
    そうと申します。
    ご覧いただきありがとうございます^^
    同じ白のzなんですね!
    お仲間同士よろしくお願いします。
    もっと面白い記事が書けるようにがんばりますのでまたお越しください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)