楽天モバイルに乗り換えでスマホ代が月1,500円に(^-^)

月々の携帯電話代が高くなったのは、携帯電話をスマートフォンに変えてからだ。

それまでは月々3,000円くらいで、通話が多い時は5,000円くらいだった。
しかしスマートフォンにしてからは月々7,000円程度になってしまった。
一番安いプランにしてそれくらいだった。
端末料金は分割払いで、2年経つと払い終わるシステムになっていたので、
2年経つと月々の携帯代が安くなるかな?
と考えていたが、2年経つと分割端末料金が無くなる代わりに、
それまで割引されていた基本料金が高くなり、結局月々の携帯代が安くなることはなかった。
2年ごとに端末を買い換えさせる戦略なのだろうか^^;
また、大手携帯電話会社の3社では、だいたい料金が横並び。
最近では、家庭の支出において携帯電話料金の割合が高くなっており、
家計を圧迫しているとの事で、国が各携帯電話会社に料金の値下げを求めたそうだ。
 
そんな折、登場してきたのが
 
「格安シム」
と呼ばれるものだ。
これは、シムフリー端末を購入し、そこにシムと呼ばれるチップを挿入してやる事で
その端末が使えるようになるというもの。
これにすると月々の携帯電話代が3,000円とか、それ以下になるというものだ。
しかし、何事も出たての頃は怪しくて、
本当に使えるのだろうか、信頼性は・・・、
という思いから使用には至らなかったが、
私は日頃から携帯電話をあまり使用しないたちだったため、
ものは試しにやってみよう!
という考えで格安シムを試してみた。
 
格安シムは各社が提供しているが、
私は楽天モバイルを選択した。
料金体系が分かりやすかった事が決め手だ。
楽天モバイルでは、
 
・端末を購入&シムを購入
・端末は個人で購入し、シムだけ購入
 
というふた通りのやり方で格安シムを始める事ができる。
私はそれまで使っていたIphone5が、SIMフリーモデルではなかったために、
新たにSIMフリー端末を購入した上で格安シムの契約をしなくてはならなかった。
せっかく携帯料金を安くしようと思って格安シムに乗り換えようと思っているのに、
高い携帯電話を購入しては元も子もない・・・、
そう思ったものの、やっぱりIphoneが好きだったので
47,000円出してIphone5Sを購入した。
そして、MNP制度を利用して楽天モバイルに乗り換えた。
MNPとは、携帯番号をそのままに他社の携帯会社に移る事ができるサービスだ。
しかし、携帯電話を乗り換える(解約する場合)には、2年に一度の各個人で決められたタイミング以外で解約してしまうと、
10,000円程度の違約金が発生するのだ。
私は、もうこれ以上高い携帯電話料金を払い続けるのが嫌になったため、10,000円の違約金を払ってでも
楽天モバイルに乗り換えた。
 
ここまでで、出費が57,000円である。
これまで払っていた携帯電話料金は、24ヶ月分の平均値で約7,200円だった。
これが毎月2,200円になって、月々5,000円安くなれば1年で元が取れる計算だ。
そして、これが直近1年分の携帯電話料金だ。
 
 
 月平均で約1,500円といったところだ。
ただしこれは、通話可能であるが、スマートフォンでインターネットをあまりしない人向けのプランのため、
一番安い料金での値段になる。
私はツイッターもフェイスブックもインスタグラムもラインもしない。
おまけに電話もあまりしない。
でもブログはしている^^;
携帯電話がなくてもいいとさえ思っているが、今の社会ではないと困る事もあるので所有しているといった感覚だ。
 
しかし、これまで1年で86,400円かかっていた携帯電話料金が、
18,000円になった!
ずいぶん安くなったし、もう最初に投資した携帯端末代もペイしている。
そして、1年以上使用しているが、
私の用途では不満もない。
私のように、携帯をあまり使わない人にはおすすめしたい。
 
ただし、
・実店舗がほぼないため、不測の事態では実店舗を持つ大手3社に分がある
・インターネットでの契約、手続きに不慣れな人
など、おすすめできないポイントもある。
格安シムのメリット・デメリットを見極めて、
メリットが上回る人にはぜひおすすめしたい。
 
 
楽天モバイルHP
 
 
 
 
simフリーiphone買取はこちら







 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)