Full moon【新潟】

昨日は新潟県上越市の快活クラブに来た。
着いたのは深夜2時。
駐輪場に着くと、たくさんの自転車が停まっていた。
日本一周中と書かれた看板を下げている自転車もあったので、
僕と同じような旅人の集団なのかもしれない。
自転車は8台くらい停まっていて、
(今日は席空いているかなぁ?)
という心配をしてしまうのだった。

 

 

その心配は的中してしまい、
今日は寝やすいフラットシートの空席はなく、
椅子タイプのブースしか空いていないと言う。
こういう事は初めてだ。
今日が日曜日ということもあって、混んでいるのかもしれないな。
シャワーも利用したかったことだし、
しょうがなく椅子タイプのシートにした。

ネカフェでフラットシート以外のブースに入るのは初めてで、
椅子のブースに入ってしばらくのんびりしてみる。
うん、椅子だ。
リクライニングもできる・・・けど、
所詮椅子なので足が伸ばせない。
まぁ電車の座席のようなものである。
大体わかったところで、シャワーを借りるためにフロントに行く。
すると、シャワーも混み合っているようで順番待ちだと言う。
深夜の3時になろうというのに、大盛況だ。
しょうがないので、待つことにした。
1時間ほど待って、シャワーを浴び、
漫画などを読んで朝まで過ごした。
朝になればフラットシートが空くのではないかと考えたのだ。
フラットシートが空けば、席を移動してそちらで寝よう!
という考えだったのだが・・・、
席は空かなかった( ;  ; )
諦めて、椅子で寝ることにしたんだ。
でも、やっぱり寝づらい・・・!
体が水平にならなくて、しんどい。
何時間も座っていると、血液のめぐりが悪くなっているのを感じる。
なんだか気持ち悪くなってしまった。
寝たいのに・・・!寝れない・・・!
お会計では、有料のシャワーとモーニングのうどんを食べたのもあって、
2,800円になった。
寝れなかったのに、高い( ;  ; )
ネカフェで損したなぁ・・・、と思ったのは今日が初めてだ。
といっても、ネカフェは悪くないか。
ただ、混み合っていた。それだけのことだ。
でも今度からは、寝たい時はフラットシート以外選ばないようにしよう・・・!
これも教訓として次に生かして行く。

 

さぁ今日も走って行こう。
今日は富山を目指して走って行く。
昼過ぎからのスタートなので、日差しは少し緩いかな。
30℃越えの気温だけど、40℃越えよりは全然ましだ。

 

 

海沿いのサイクリングロードを走っていると、黒猫が
「ナオーン」
と鳴きながら歩いて行った。
できるだけバレないようにそぉっと歩いていたのに、
ナオーンって言っちゃったからばればれだ(`・∀・´)
こいつにはシャドウという名前をつけてやろう。

サイクリングロードには、風情のあるトンネル笑
がたくさんあった。
神隠しにあいそうなんですけどっ・・・!
大丈夫かなぁ?
えっちらおっちら走って行く。
今日は向かい風が強くて、頑張っている割に前に進まない。

 

昼過ぎスタートだと、日暮れも早いものだ。
今日も夕陽が綺麗だなぁ。
こうして綺麗な夕陽を見られるのも、幸せなことだと思う。
幸せなことは実感しにくいこともある。
でも離れてみるとよく分かる。
そうそう、雨に打たれて夕陽なんて見えない時もよくあったもので、
だからこうして綺麗な夕陽を見て、当たり前ではないと、
綺麗な夕陽が見られるのは幸せなことなんだと思えるんだね。

 

夕陽が沈んだら、月が代わってお仕置きよ!
今日は満月の夜だ。
月明かりで結構路面が見える。
時々、夜は見えにくくて怖いという人がいるけど、
僕はそれに全く共感できないくらいに、夜でも見える。
それに加えて満月の月明かりがあるなら、
それは絶好の夜走り日和になる。

 

 

その後親不知というところを走った。
読み方は知っている人も多いと思うけど、おやしらずと読むんだ。
そこはトンネルのような、覆洞が連続しつつ
アップダウン、カーブなど起伏に富んだ道のりだった。
特に照明の無い覆洞内は真っ暗で、
我ながらよくこんな所を走っていられるなと思ったのだった。
僕って実は、肝が座っている方だったりして?
と自惚れてしまうような道を超えてきた。

 

あまりに道が暗くて、どっちに曲がってるんだか分からないほど。
白線に反射する自転車のヘッドライトの光だけを頼りに、
曲がって行く。
スリルとは裏腹に、生きているという実感が湧いてくるのは不思議なものである。

 

 

山間の休憩所の自販機でドクターペッパーを買って、
一休止入れる。
こうして止まっていると途端に汗が噴き出してくる。
涼しい夜中であっても、真面目に自転車を漕いでいると痩せる。
最近少し痩せてきた気がする。
お腹の肉が減った気がする。
でも体重計がある温泉に久しく行ってないから、
体重がどうなっているのかは分からない。

 

いくつか町を抜けて行く。
途中コンビニに寄ったり、牛丼屋に寄ったりして
エネルギーを補給しながら進む。
最近は旅慣れてきたのか、
ご飯を食べるタイミングや、給水のタイミングなど、
考えることなく感覚で行ってきている。

 

 

今の腹の減り具合で、この先の峠越えは厳しいぞ・・・、
とか、水分を多めに持っていた方が良さそうだな・・・、
とか。
ただし、うんこのタイミングだけは、未だにつかめないでいる___。

 

 

そんなこんなで今は道の駅にいる。
ここには夜でも空いている休憩室があるので、
ここで寝ようかな?と思う。
本当はあと60km先の富山のネカフェに行こうか、
とも考えたのだが・・・、
もう夜の22:00だし、昨日椅子で寝たせいで
睡眠不足でもあるので、
今日はこれ以上走らずに、休憩室のベンチの上で寝よう・・・。
そして明日は朝から走っていくかなぁ!

 

もうすぐ富山県だ!

 

◆Next







 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)