フェアレディZ33 オーディオデッキ取り外し・取り付け

私のZには、BOSEサウンドが付いている。

メーカー純正のちょっといいオーディオといったところか。
しかし、このBOSEデッキは2005年当時のものなので古い。
CDが6枚入るのがすごいけど、今はiPodで何千曲と音楽が入る時代だし・・・。
MDが付いているのはチャーミングだけど、今時MDは使わない・・・。
ついでに、CDを聞いていると音飛びがする。経年劣化かな。
だからいつも、BOSEサウンドの調子が悪い時はミュートにして、Zのサウンドを楽しんでいる。
といっても、ノーマルマフラーだから音なんてしないけどね!
 

 
こないだ友達を乗せた時に、友達が
ともだち「とてもかっこいい車だね」
ぼく「ありがとう。でも古い車だから、ほら。このデッキなんてMDが入るんだよ。今時使わないよね」
ともだち「でもぼくの車よりはマシだよ。ぼくのはカセットしか入らないから」
ぼく「なんか、ごめんね」
ともだち「気にしなくていいよ」
なんてやり取りもあった。カセットよりはましだけど、やっぱり古さは感じるかな。
という訳で、デッキ交換するために取り外すことにした。
 
取り外しは、無敵ブログさんを大いに参考にさせて頂いた。
参考サイト
 
BOSEデッキを外すと、重いなと感じた。
重量を計ってみると3kgだ。
質量を感じる。
2DINタイプという規格らしく、この半分の大きさの1DINタイプのデッキにしてやれば、
重量も半分くらいになり、軽量化できるだろう。
納車当時はBOSEサウンド付きだということで喜んでいたけれど、
音飛びするし、重いし・・・。
あまり喜ぶことでもなかったのかもしれない。
そしてこのBOSEシステムは、システム上デッキを交換する時には
専用のハーネス(2万円程度)が必要になるらしい。
やれやれである。
 
ナビも外したし、デッキは後でつけるけど、今はこんな感じ。
デッキを取り付けたらまた報告する。
しばらくはZのサウンドと風の音がドライブミュージックだ。。。
、、、
それからしばらくの間風の音を聴く日々を過ごし、
ようやく新たなオーディオシステムを手に入れた私は、新たなオーディオを取り付ける工事に着手した。

ビートソニックのハーネスを使ってオーディオ取り付け

 
BOSEサウンド付きのZでオーディオデッキ交換をする際には、ビートソニックの専用ハーネスが必要になるらしい。
なぜかというと、通常のデッキではデッキ内にアンプがあるらしいのだが、
BOSEサウンドではBOSEアンプという専用のものがリアトランク内にあり、
これのせいでデッキを簡単に付け替えることができないとのこと。
しかしこのハーネスがあれば解決できる。
純正ナビ付き用と、ナビ無し用のハーネスがあり、前者の方が価格が高い。
調べたところ、ナビ付きでも音声案内の際に音が出なくても構わないのであれば、ナビ無し用のハーネスでもOKらしい。
私の場合は、純正ナビ付き仕様であるがナビを外しているため、ナビ無し用のハーネスを購入した。
購入価格は18,000円ほどである。
 
合わせて購入したデッキがこちら。
カロッツェリアのMVH-3200というもの。
購入価格は当時5,600円だった。
一番安いやつを購入した。
私は、オーディオの世界というものは深海の様に深いのではないかと思っていて、
一度こだわりだすと、止まらなくなるのではないかという恐れがあった。
私は凝り性だし、、、
だけれどオーディオに凝ると、お金もなくなるし、私のカスタムポリシーでもある軽量化にも反するだろうし・・・。
やめておこう・・・、一番安いやつにしておこう・・・。
と、ちょっと後ろ向きな理由でこの商品に決めた。
 
現在は後継商品が出ているようです。
 
 
MVH-3200はUSB端子とAUX端子がついているが、CDなどは入らない。
その分軽量にできている。重量は450gほどである。
ビートソニックのハーネスが250gだったので、合わせても700gだ。
BOSEデッキは3000g、つまり3kgだったのでデッキ交換によって2,3kgの軽量化になる。
これは大きい。
 
デッキの奥行きも短い。
参考のスマホは、アイフォン5だ。
 
取り付けるとこのような感じに。
取り付けに関しては、難しいことはなかった。
ビートソニックのハーネスを車両のカプラーに繋ぎ、
ビートソニックのハーネスのもう一方をデッキにつないでやった。
1本だけ、ビートソニックの配線が未接続(オレンジ色のイルミネーション用の配線)だったが、
問題なく動作している。
 
取り付けたデッキは1DINサイズといって、元々付いていたBOSEデッキの2DINサイズの半分の大きさだ。
空いたスペースには、汎用の1DIN小物入れを取り付けることができる。
ナビも取り外したので、ずいぶんスカスカだし一気にぼろっちぃ車になったな・・・。
素人感丸出しでかっこ悪い^^;
 
デッキの性能については全く期待していなかったが、これが中々良く出来ている。
まず、USB接続で手持ちのipodが使えるので便利だ。
音飛びもしないし、快適だ。
イコライザー機能がついていて、ヴォーカルを際立たせたり、パワフルに音楽を楽しむことができたり・・・、
色んなモードで楽しめるし、切り替えによってはっきりと音の出方の違いが分かるのが楽しい。
私はオーディオ関連にはうとく、耳も肥えていないのでこれくらい分かりやすいのがいいかな。
ほかにも、音を変える機能がたくさんついていて、しばらくはいじくりまわして遊べそうだ。
 
今回は、軽量化にもなったし音楽も快適に聴くことができるようになったし、
満足度の高いモディファイだった。
 

2016 11/2 追記

取り付けてから3ヶ月経った。
実に快調に音楽を楽しむことができている。
デッキが軽くなったことによる軽量化の恩恵というものは感じられないが、
チリも積もれば・・・ということにはなっているだろう。
 
CDが入らないことで、1度だけ悔しい思いをしたものの、
かといって今度はCDが入るデッキを買おうというまでには至らない。
このデッキは、私の用途にはよくフィットしていて、とてもいい具合だ。
BOSEサウンド付きのZにお乗りの方は、いずれデッキの不調を感じる日が来るのではないかと思うが、
その時はデッキ交換できる喜びを感じよう!

汎用1DINボックス取り付け

 
 
 
今まで配線丸見えの状態で乗っていたが、汎用1DINボックスをオートバックスにて900円ほどで購入し、
取り付けを行った。
スペースの有効活用というよりは、配線を隠したい理由の方が大きい。
私は見た目はあまり気にしない方だが、それでも運転中、停車中などで目につきやすい場所なだけに、
配線が丸見えなのが気になっていたが、1DINボックスを取り付けることで幾分マシになった。
もし、BOSEサウンドシステムから1DINサイズのオーディオデッキに交換した場合は、
合わせて1DINボックスも取り付けた方がいいと思う。
また、デッキ固定用ステーが錆びていたため、
つや消し黒で塗装を行なった。これでばっちり^^







 



3 件のコメント

  • はじめまして、記事を読ませて頂きました。
    質問なのですがよろしいでしょうか?

    純正ナビが付いていた部分は奥行は何cmあるのでしょうか?
    今度Z33を購入するのですが、出来れば純正ナビと同じ部分に
    付けたいと思っています。

      • 返信ありがとうございます。
        15cmくらいあれば少し加工すれば付けられそうです。
        納車後確認して検討したいと思います。

        ありがとうございました

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)