やまだ【愛媛】

今日の朝は、香川県の道端からスタートだ。
朝は7時頃に起床。
昨日寝るのが遅かったから、朝もずいぶんゆっくりしてしまった。

 

起きたらすぐに撤収の準備をする。
幸い外は、天気がいい。
まずは寝袋を寝袋ぶくろに収納する。
さすがに慣れてきたので収納にまごつくことはない。
次に、マットを畳んでテント内の荷物は全て出す。
テントはフライシートを外したら、テントを持って逆さにして揺すってやる。
こうすれば、テント内の細かいゴミが外に出て綺麗になる。
後はテントを畳んで自転車に積む。
近くに手洗い場があれば、そこで顔を洗ったりもする。
手洗い場がなくてどうしても顔を洗いたい時は100均で購入した除菌シートで顔を拭く。
いつどこで誰と出会うか分からないのだ。
最低限の身だしなみはしておかなくてはなぁ。

 

さて、のんびりしていると近くにあるうどん屋が開店したようだ。
8:30開店だというのに、8:10分にはお客さんが何人か入っている。
今日は朝ごはんは食べる予定無かったが、私もつられて入って行く。
さきほど、野菜1日これ一本を2本飲んだので、朝ごはんは抜きにしようと思っていたが、
目の前でうどん屋が開いたら、行くしかない。
うどん屋までの距離は、徒歩30歩だった!
ここでは「釜玉バターうどん」がイチオシ!
と外の立て看板に書いてあった。
だが私は通ぶって、その手には乗らずかけの大にした。

 

ほんとは、ちょっと興味あったんだけどね。
かけの大にあげを乗せてきつねうどんだ。
これで朝から頑張れそう。
うどん屋についていたテレビは、今日の天気予報を伝えていた。

 

「今日はお手本のような天気になるでしょう」

 

うどんを食べ終えたら、入念なストレッチののちに走り出す。
白線の上を走ると、走行音が静かになる。
そして転がり抵抗が少ないのか、白線の上は走りやすく感じるので
ときどき、白線の上を狙って走ったりもする。
ただ、雨の日は滑るからやらないほうがいい。

 

上り坂は、辛くなってきたら押して歩く。
あまりガシガシ漕ぎすぎても、膝を痛めそうなのでそうしている。
坂を自転車を押して歩いていると、
よくだんごむしかなんかを踏みそうになったりする。
あと、お金を拾ったことが2回ある。
下ばっかり向いて歩いているからね。
10円玉と、5円玉を拾った。
他にも硬貨が落ちていると思ってわざわざ止まって拾ったことがあったけど、
パチンコ屋のメダルだった時は少し恥ずかしかった。
拾った後はそっと元に戻すのだが、
その時の自分の行動に対しての自分に対する言い訳を取り繕うのが難しい。

 

(ちょっと、靴紐を結び直そうとしただけさ)

 

・・・、サンダルなんだけどね。
旅をしているとお金にシビアになるのか、
どうなのかは知らないが、
自販機でジュースを買った時、こっそり自販機の下をなんとなく伺ったりもする。
あと、旅をしていると小学校のチャイムを時々聞いて懐かしい気分になるな!

 

順調に走って行く。
今日は愛媛の街でやまだという友達に会う。
愛媛県に入って西条市に突入する。
ここでは、うちぬきの水というおいしい水が湧き出す街のようだ。
ところどころで水を汲める場所があり、
水を飲んでみるととてもおいしい。
私は、空になっていたペットボトルに並々とうちぬきの水を詰めた。
なんだか嬉しい気持ちになる。
お昼になると温泉に行き、
2日ぶりに温泉を堪能した。
体重測定をしてみたが、やはり出発時から変わっていない。
自転車で1000km走っても、人にはよると思うが、
思ったより痩せないみたいだ。
私の体質が変わってしまったのだろうか??
昔は60-62kgだったのに、今は71kgだ。
背が伸びたとか!?
伸びてないんだな。
横に伸びているだけだ(T-T )

 

温泉に入った後はお昼ご飯にうどんを食べた。
朝も昼もうどんだ。
西条のうどん屋さんで、ここでは麺や出汁に西条のうちぬきの水を使っているらしい。
また特筆することとしては、
よくあるウォーターサーバーの水が、抜群にうまかったことだ。
コップに水を注ぎすぎたので、テーブルに着く前にある程度飲んだのだが、
「!?」
となるほどうまかった。
温泉あがりということもあるだろうが、おいしいことに変わりはない。
おいしい水が豊富にある地域っていいなぁ。
本当にそう思った。

 

食後は、やまだに会いに行く。

やまだとは、いつも誰かと一緒に遊んだりしていたので、
やまだに会いに行くというのは今日が初めてだ。
どことなく緊張してしまう。

 

そしてやまだの家に着いた。
やまだは今日も明日も仕事なのに、申し訳ないなと思いつつもお邪魔させてもらった。
やまだ家で飼っているいぬと遊んだり、
お母さんと話ししたりして過ごした。
やまだのお母さんはよく話をしてくれて、
8割くらいお母さんとお話をした。

 

お母さんには、

 

「まぁー、スリッパで来たの!」

 

と言われたが、お母さん違います、これはサンダルです。
お母さんは細かいことを気にしない主義のようで、
私もそうなりたいなーと思った。
私は神経質なほうなので、その分精神的に疲れることもあるが、
ある程度鈍感に生きて行くほうが気が楽でいいよって教えてくれた。
でも、持って生まれたものもあるから、
鈍感になろうとしても難しいけどね!とも言っていたな。
やはり、こうして普段出会わないような方とも話ができると、
自分にはなかった考えを知ることができるような気がして、楽しい。
人の話を聞くということは、本を読んでいるようだ。
皆それぞれ違ったストーリーを持っていて、
私には無いストーリーを、疑似体験するかのようだ。
やはり出会いというのは旅の醍醐味の一つなのかな。

 

今日はやまだ家にお邪魔させていただいて、
明日は今治方面へと向かって走って行く。
またしまなみ海道を通って岡山に一時帰宅し、
装備の見直しなどをしてから再び旅立つ予定だ。

 

 

◆Next







 



2 件のコメント

  • ゆうぴ~ へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)